学校・教職員の現在と近未来-榊原禎宏のブログ

「しかし」と「ただ」、そして「ただし」

学生のレポートを読んでいて、気になることばがいくつかあるが、その一つが「しかし」と「ただ」との遣い分けだ。

私の辞書では、「しかし」は、前の文を否定するつなぎの意味合いが強いのに対して、「ただ」は、「とはいうものの」とか「この点については、別なのだけれど」といった意味で異なるように思う。

この点で、「ただし書き」としてよく遣われる「ただし」は、前の文を受けて「一応、そうなんだけど、でもね」という感じに見える点で、「ただ」にかなり近い印象を受ける。つまり、「ただ」は、部分的に「ただし」と重なりつつも、やや口語的な印象を与えるものでは、と私は解釈するのだが。

そこで関連する研究を探したら、

鹿島恵「接続詞の『ただし』と『ただ』 : 先行研究における問題点」(三重大学、日本語学文学、2005)

http://miuse.mie-u.ac.jp/bitstream/10076/6621/1/AN101977030160010.pdf

が見つかったが、今ひとつよくわからない。だって、こんなタイトルを付けているのに、最後は、「残念ながら、本稿では『ただし』と『ただ』の違いの分析には及ばなかった。今後の課題として、稿を改めたい」ってあるんだもの。どっと疲れたなあ。

かくして、わかったようなわからないような感じで、学生にレポートを返却するのだけれど、誰か、この違い、さらに「ただ」と「ただし」との違い、あるいは、これらに違いをつけることの意味について、一家言ある方、ぜひ教えてもらえませんか。
[PR]
by walk41 | 2012-01-28 22:12 | ことばのこと | Comments(2)
Commented by 読ませていただきました at 2015-03-26 05:47 x
ただしは、前文への制限や条件を明確に表すのに対し、ただは、前文の全面的肯定を保留し、控えめに条件や制限、主張をのべるんですかね。
Commented by walk41 at 2015-03-27 11:52
コメントをありがとうございます。
ただ、に控えめの意味があるというご指摘は、興味深く思います。
私は、と言わずに、私的には、という表現についても、間違っているという指摘もありますが、控えめな言葉が増えていることの証しかもしれませんね。優しい時代に入っている、あるいは、対人関係により配慮がなされる時代になったのかもしれません。
<< 教員は「技術者」か 公教育の「参入障壁」は下がるか >>



教育学の一分野、学校とその経営について考えます。
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
メモ帳
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
寛容さー多様性を認める/求める
at 2018-02-19 13:31
「タバコを止めよう」なのだけれど
at 2018-02-19 00:43
なぜ冬でも青いのかしら
at 2018-02-18 01:28
よりよい授業のために
at 2018-02-16 11:21
教員就職率
at 2018-02-15 14:15
授業参観で頑張る?
at 2018-02-12 21:06
新刊案内
at 2018-02-12 17:25
教員もブランド服を
at 2018-02-11 23:28
ゆるキャラ?
at 2018-02-11 19:21
論理を鍛えるー形式陶冶
at 2018-02-09 10:59
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧