学校・教職員の現在と近未来-榊原禎宏のブログ

研究者倫理の教材

滋賀大学に勤める教育工学の教授についての「研究活動における不正行為に関する調査結果」(概要)が公表されている。http://www.shiga-u.ac.jp/topics/res.1603/chousakekkagaiyou.pdf

同教授の不正行為は、改ざん、盗用、共著者の同意を得ない無断投稿、重複投稿の4点にわたるとして、具体的な論文名を上げて報告された。それらの発表時期は、1995年から2011年に及んでおり、かなりの期間、同氏がこうしたことを行っていたことがわかる。とても残念だ。

せめても現在の業界人とその後進の役に立つべく、このケースを分析する人が現れないだろうか。自分でやれと言われそうだが、直接この人を知らないとはいえ、同業者の立場、とても客観的に捉えられるとは思われない。同氏の論文発表と昇任少し前との時期的重なりについては、私でもわかると思うが。

「一度やってしまうと止められない」-アカデミズムの掟破りはこうして行われるのだなあと、重ねて悲しく思う。
[PR]
by walk41 | 2012-02-17 18:29 | 研究のこと | Comments(0)
<< 教育目標とは何か 時間の過ごし方は生活習慣的 >>



教育学の一分野、学校とその経営について考えます。
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
メモ帳
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
寛容さー多様性を認める/求める
at 2018-02-19 13:31
「タバコを止めよう」なのだけれど
at 2018-02-19 00:43
なぜ冬でも青いのかしら
at 2018-02-18 01:28
よりよい授業のために
at 2018-02-16 11:21
教員就職率
at 2018-02-15 14:15
授業参観で頑張る?
at 2018-02-12 21:06
新刊案内
at 2018-02-12 17:25
教員もブランド服を
at 2018-02-11 23:28
ゆるキャラ?
at 2018-02-11 19:21
論理を鍛えるー形式陶冶
at 2018-02-09 10:59
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧