学校・教職員の現在と近未来-榊原禎宏のブログ

誰かが喜んでくれるから

ある中学校での会合に出席した。教員と保護者、地域住民のみなさんが夜の学校に集う。そこで挙がった話題の一つが、「どうしたら生徒は勉強するか」について。

傍観者的には、いつの時代も聞く話ではとも感じるが、「自分の頃は将来の目標に向かって頑張った」「今の子は、刹那的なことばかりに関心がある」と、大人の意見はなかなか手厳しい。

そこで「ちょっといいですか」と、話をさせてもらったのは、

1.無理矢理にでも勉強させる、ことを考えるのでなけれは、大人にとっては口惜しいけれど、生徒がやる気になる方向を考えるしかない。

2.「今すぐに役立つ」とか「おもしろい」とかと感じられる内容にはなりにくいのならば、それ以外の「もっともらしく思われる話」を用意するしかない。

3.たとえば、「将来のために」と言われて、納得する生徒もいるだろうが、それで得心しない生徒にはどんなストーリーを示すことができるかを考えなければ。

4.2と3が個人的な「利益」に関することだとすれば、残るのは社会的な「利益」に関する話になる。たとえば、「友だちのために」「家族のために」「地域社会のために」「天下国家のために」と言えるだろうか。

…と。みなさんにどれほど伝わったかは、わからないけれど…。

人は自分の利益を喜ぶと同時に、自分にとって「意味ある他者」の利益を喜びもする。今の学校の勉強は、「君の頑張りはみんなのために(こそ)なるのだ」という物語を成り立たせているだろうか。
[PR]
by walk41 | 2012-03-09 13:43 | 学校教育のあれこれ | Comments(0)
<< やっぱり学校の「研究仮説」は変! 一人で物語は作れない >>



教育学の一分野、学校とその経営について考えます。
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
メモ帳
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
マンションポエム
at 2017-12-11 14:44
鉛筆で遊ぶ
at 2017-12-10 07:39
除籍の不細工さ
at 2017-12-07 18:34
変化にかかる時間の意義
at 2017-12-07 10:09
question, prob..
at 2017-12-06 14:30
「お疲れさまです」
at 2017-12-05 14:30
非標本誤差
at 2017-12-02 20:58
大学の授業の作法
at 2017-12-01 18:45
恐るべし学校評価
at 2017-11-27 23:06
進展する学校での情報教育(ド..
at 2017-11-27 12:01
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧