学校・教職員の現在と近未来-榊原禎宏のブログ

「当たり前」の怖さ

NHK関西「熱視線(2012.3.17)」は、「活かされなかった教訓-検証・学校の転落事故」。

恥ずかしながら、学校事故のこれほど多くが「窓」と関わっていることを知らなかった。

たとえば、図書室の90センチほどの書棚に足を掛けて上り、110センチの高さにあった窓から転落した女の子のケース、そこに本棚のあることが当たり前に見えていた教職員にとって、その危なさに気づかなかったと校長は話す。マンネリ、惰性、当然…、慣れずに新鮮な気持ちと態度を持ち続けることは、容易ではない。

この他の棚、給食配膳台、傘立てなどがあるが、安全のために固定されているものも多いので、転落につながる要因をすべて除くことは容易ではないが、まずは気づき、何ができるかを考えることから始まるのだろう。
----------

私たちの「わかる」力はとても限られていること、また、「よく見ればわかる」訳ではなく、距離をとった見方、岡目八目が大切なこと-「現場主義」や「実践主義」の弱点も合わせて確かめられるのではないだろうか。
[PR]
by walk41 | 2012-03-17 10:22 | 学校教育のあれこれ | Comments(0)
<< 暴走族は遠くになりにけり 哀れ、板挟みの学校 >>



教育学の一分野、学校とその経営について考えます。
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
メモ帳
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
「タバコを止めよう」なのだけれど
at 2018-02-19 00:43
なぜ冬でも青いのかしら
at 2018-02-18 01:28
よりよい授業のために
at 2018-02-16 11:21
教員就職率
at 2018-02-15 14:15
授業参観で頑張る?
at 2018-02-12 21:06
新刊案内
at 2018-02-12 17:25
教員もブランド服を
at 2018-02-11 23:28
ゆるキャラ?
at 2018-02-11 19:21
論理を鍛えるー形式陶冶
at 2018-02-09 10:59
「いい授業」
at 2018-02-09 10:24
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧