学校・教職員の現在と近未来-榊原禎宏のブログ

「問い」のある研修を

学校はとても真面目な人の集まりだ。

だから、おしなべて堅苦しく、形式が先行する。これは、失敗しないようにという配慮の表れなのだが、それは同時に、予定から外れない、意外性の乏しいつまらないものにもなりがちである。

先日、ある中学校にうかがった。いわゆる校内研修と改まったものではなく、進行表もなく、好きに車座になって、互いの目線が交わせるように座る。

私がみなさんに問いかける。「チーム○○って、よく言われるけれど、そんなのはムリなことでは?」と。すると、手が挙がり、「確かに授業の点ではそうだが、生徒指導はチームと思ってやっている」、あるいは「改めて尋ねられると、そうかもしれないと思う」。これらに対して、さらに意見が出される。

あるいは、「子どもを捉える、とよく仰るけれど、先生方は子どもを捉える上でどんな道具を持っているのだろう。それはほとんど直観によるものか?」と問う。同じように、なるほどそうかもと肯定する意見、そんなことはないと否定的な意見、また別の角度からも声が上がる。

こうした議論の正解はおそらくない。しかしながら、議論すべき問題が立てられること、またそれをいろいろな方向から深められることに気づき、体感できること-こうした思考上の交通整理に寄与することで、実践的にも役立つのだと思う。

答のはっきりしない、曖昧なまた両義的なことについて、各々の見方、捉え方を多様にキャッチボールすることを通じて、すっきり感を得てもらうために、研修企画・実施、そして講師の役割は、この研修がどんな「物語」(ゲームといってもよい)を取り上げるのかを明示すること、そして、そのストーリーをいかに再解釈できることが面白いのか、不思議で楽しいのかを予感できること、つまり「(研修)教材の研究」がどれほどなされているか問われる。

さて、こうした「わからないということがわかっていることはすぐれて重要」という点が、どれほど関係者に了解されているだろうか。
[PR]
by walk41 | 2012-03-23 09:21 | 研修のこと | Comments(0)
<< 歓迎! ノーネクタイ 外国語はむつかしい >>



教育学の一分野、学校とその経営について考えます。
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
メモ帳
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
マンションポエム
at 2017-12-11 14:44
鉛筆で遊ぶ
at 2017-12-10 07:39
除籍の不細工さ
at 2017-12-07 18:34
変化にかかる時間の意義
at 2017-12-07 10:09
question, prob..
at 2017-12-06 14:30
「お疲れさまです」
at 2017-12-05 14:30
非標本誤差
at 2017-12-02 20:58
大学の授業の作法
at 2017-12-01 18:45
恐るべし学校評価
at 2017-11-27 23:06
進展する学校での情報教育(ド..
at 2017-11-27 12:01
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧