学校・教職員の現在と近未来-榊原禎宏のブログ

書き順

分数の書き順はどれが正しい?

たとえば3分の2、この読みどおりならば、①3、②横棒、③2、という感じがする。

これに対して過日、大学に来て下さったベテラン教員は、①横棒、②3、③2、が正しいと話をされ、そう思っていなかった学生たちをいたく驚かせた。さらには、正しい書き順を身につけ、子どもたちにも示すことができるよう、励みたいという感想までも導いたのである。

気になったので、いくつかWebサイトを見てみたら、どうも一様ではないらしい。ある回答には、どれだけの数字が来るかわからないので、横棒は最後、とあった。なるほど~、合理的。

小学生には「これが正しい」と示す方が、彼らも落ち着いて学べるのかもしれないけれど、そもそも「正しい」なんてない、という選択肢をもっと考えてはどうだろうか。

どうして一つに決めなければならないのか、それは、いたずらに権威づけを図るだけではないか(「正しい先生はエライ」)と。

たとえば、横棒といま話しているもの、スラッシュ(斜め棒)でも構わないよね。この他、たとえば、ドイツならば、乗数(かける)は「・」、除数(わる)は「:」で表す。日本でいう、かける(×)はつかわないから、その書き順、右からかそれとも左からかなんて、最初から話題に上るはずもない。

自然科学の雄でもある数学ですら、こんないい加減である。なのに、「正しい」書き順って、そんなにいう必要があるのだろうか。
[PR]
by walk41 | 2012-05-23 00:43 | 学校教育のあれこれ | Comments(1)
Commented by まさに。 at 2017-01-27 10:33 x
初めまして。
昨日子供の授業参観で、まさに分数の授業中に書き順の指摘があり、モヤモヤしました。
黒板で分数の計算式を書いてる子が分母、線、分子の順で書くと、担任が書き順が違うと書き直させていて。
正しいのは線、分母、分子の順って教えてるだろう、と全員に書き順を言わせながら空書きさせるほどの徹底ぶりが意味不明で…。
40代半ばの私は、読む通りに分母、線、分子の順で書いてるし、私の小学生時代は書き順なんて重視されてなかったような気がします。
昨日まで分数の書き順なんて思いもしませんでした。
でも担任と同い年…40代前半のママさんは担任と同じような書き順で習ったらしく、担任が教えてる書き順が正規の書き順だと断言されて。
帰ってからネットで検索して書き順は一様でなく、正解はないとわかり、担任やママさんの頭の硬さに辟易しました。
保護者として分数の書き順じゃなく、計算や理解力を深める勉強に力を入れて欲しいんですけどね。
私の気持ちと同じこちらのブログにそうなのよ、と何度も頷かせて頂きました。
書いてて下さってありがとうございました。



<< 日本は3位! 達成目標を設定できないから >>



教育学の一分野、学校とその経営について考えます。
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
メモ帳
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
気づかなかった
at 2017-10-19 21:56
人文・社会系学問のミッション
at 2017-10-18 23:02
nation
at 2017-10-17 12:45
好みの幅広さ
at 2017-10-15 12:43
スクールソーシャルワーカー
at 2017-10-14 10:59
「奏を功する」
at 2017-10-12 20:20
付いた力は自分ではわからない
at 2017-10-11 23:31
まずは良かった
at 2017-10-09 19:14
Fiasko/fiasco
at 2017-10-08 10:40
青か緑か
at 2017-10-06 09:39
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧