学校・教職員の現在と近未来-榊原禎宏のブログ

教員による「わいせつ」行為

わいせつ:2教諭を懲戒免職 頭抱える県教委 委員長「異常とも言える事態」 /長野(毎日新聞 2012年08月10日 地方版)

 教え子の女子児童や女子生徒にわいせつな行為をしたとして、9日、長野市の市立小の男性教諭(52)と北信の県立高の男性教諭(58)を懲戒免職処分にした県教委。2日前には、女子児童の着替えを盗撮したとして池田町の男性小学教諭(43)が逮捕されたばかり。今年度、わいせつ行為が原因で教員5人が免職処分される異常事態に、県教委の矢崎和広委員長は「教育や教員に対する信頼回復を望むべくもない状況だ」と頭を抱えた。
 県教委によると、免職の小学教諭は昨年7月〜今年6月中旬ごろ勤務先の長野市の小学校の教室や体育館などで女子児童6人の顔や頬にキスをしたり、キスをさせる行為をした。うち1人へは約11カ月間、週1〜2回程度、繰り返した。教諭は各児童に「2人だけの秘密だよ」と口止めしていたが、6月中旬、他の教諭が不審な行動を発見し、校長に報告。教諭は「児童とハイタッチなど触れ合う中で『キスをしてくれるかな』と思ってしまった」と認めたという。
------------

教育委員会が「異常とも」と言うほどの事態。何に帰属させればよいのか、私もわからない。①そうした性癖を持つ人が教員になっているということ? ②「子ども相手の仕事」とナメた結果の現れか?③加重労働による「ストレス」の解消方法? ④4,50代は家庭不和が顕著になる? でも、昨日、勤務先の女子児童の裸をビデオで盗撮したとして、逮捕された東京都国立市立小学校の女性教諭は25歳やったなあ ⑤...

わからん。誰かもっともらしい説明をしてくれないだろうか。

こっちは、「精神的健康のバロメータの一つである逸脱行動のうち,性的逸脱を取り上げ,教員による法的意味での「わいせつ行為」が社会全体のそれより多く生じているか否かについて,2000 ~ 2009 年度の10 年間を対象に追試を行った。ここでの事例の限り,教員による同行為の発生率は常に高いと判断される」(榊原禎宏・森脇正博、2012)までしか今のところ、言えない。

悩ましい問題である。
[PR]
by walk41 | 2012-08-10 13:11 | 身体 | Comments(0)
<< 生きるエネルギー 何のための「学力テスト」 >>



教育学の一分野、学校とその経営について考えます。
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
メモ帳
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
「させていただく」
at 2017-11-23 16:09
「国立」に地域ニーズ?
at 2017-11-22 09:14
紅葉に心洗われます
at 2017-11-20 13:03
「~以外は不可」
at 2017-11-16 22:43
そんな構図ではない
at 2017-11-14 09:52
求めている次元が違う
at 2017-11-12 18:36
ゴアー
at 2017-11-11 19:45
パラ・シアター
at 2017-11-10 19:10
宣伝です
at 2017-11-09 20:30
卒業論文中間発表会
at 2017-11-08 07:57
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧