学校・教職員の現在と近未来-榊原禎宏のブログ

教員のことば

年に3回、他大学の研究仲間と会い、担当になった人の報告を受け、議論をする。いつもと同じように、とても充実した半日を過ごせた。

報告を聴きながら、いろいろなテーマに派生することを感じる。たとえば、教員のことばについて。

言語という括りから、方言、あるいは自分のことばへと次第に具体化される。日本語を話しているからといって、それは関西弁かもしれないし、「マイ言葉」かもしれない。こうした文化的・社会的な階層性を帯びて、教室において教員の言葉が発せられることになる。

教育方法の議論では、「魅力ある授業を」といったテーマが設定できる。そこで口火を切り、授業を進めるのは教員である。だから、彼ら/彼女らがどんな言葉を、いかなるアクセントや抑揚で用いているのか、あるいは、書き言葉はどうか、が確かめられなければならない。そこでは、中教審答申も、学習指導要領も、教科書も、学校経営方針もまったく微力である。児童・生徒に向き合う最前線にあっては、そうした「公式用語」は多分に無力化され、メディアである教員を通じて、相当に幅あるものとして再生されるのだ。

だから、教室で教員がどんな言葉をどのように遣っているのか、それを逐一追いかけられないならば、言葉に対してどんな語感やニュアンスを感じるのか、を問うことからこの不思議に迫れないかと思う。

良くも悪くも教室は、「教育の現実」に一番近いところであり、そこに至らなければ見極められないという点で、最終の意思決定がなされる場である。そこに去来する教員の辞書、発現される言葉、そしてそれを巡ってなされるやりとり、そうした思惟、規範、そしてダイナミクスに着眼する必要性を感じている。
[PR]
by walk41 | 2013-04-07 21:18 | 学校教育のあれこれ | Comments(0)
<< 人から学ぶ 大いに堪能しました >>



教育学の一分野、学校とその経営について考えます。
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
メモ帳
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
nation
at 2017-10-17 12:45
好みの幅広さ
at 2017-10-15 12:43
スクールソーシャルワーカー
at 2017-10-14 10:59
「奏を功する」
at 2017-10-12 20:20
付いた力は自分ではわからない
at 2017-10-11 23:31
まずは良かった
at 2017-10-09 19:14
Fiasko/fiasco
at 2017-10-08 10:40
青か緑か
at 2017-10-06 09:39
丁寧な言葉遣い
at 2017-10-05 10:26
目標を実現することが即、教育..
at 2017-10-02 22:05
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧