学校・教職員の現在と近未来-榊原禎宏のブログ

迷う気概を大切にね

学生たちとの飲み会、卒業生にもおおよそ声を掛けるので、遠方からの元学生を含め、都合のつく君たちが集ってくれる。

晴れて教職に就き、励んでいる卒業生だが、「一日のうちに、いくつもおかしいなと思うことがある」と語る。この頃、鬼の首を取ったように言っているから、どうしても聞いてしまうのかもしれないが、「校内研究は、いったい何をやっているのかなとも思う」とも話してくれる。そうやろ、何がおかしいんやろうかと、話を接ぐ。

日々、多忙な中をこなしつつ、それと同時に不思議に思い、迷っている彼らの姿を見るに、望むらくはこの調子で、頑張ってねと願う。何と言ってもまだ若輩者、おかしいんじゃないですかとは言えないだろう。だから、どう発言するかはさておくとしても、どうなんだろうという眼差しを保ち、より磨きをかけて新鮮な視野や視点から、学校を観察し続けてほしい。

片や、教職を長くやってこその力量だという声も聞こえなくはないが、その陥穽にすでに気づいている若い教員に期待したい。正しいことがあるはずだけれど、それが見つかっていないから、どうしても同僚に遠慮してしまうというメカニズムを。話はそうではなくて、「こうすればうまくいく」というセオリーがないからこそ、多面的に議論して意味があるのだということを。

こんなあれこれの話を、教員となった元学生たち、そして現学生たちとできること、何よりの幸いと思えた一日だった。
[PR]
by walk41 | 2013-05-25 01:39 | 学校教育のあれこれ | Comments(0)
<< 学校でのあいさつ、再論 評価はいろいろ >>



教育学の一分野、学校とその経営について考えます。
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
メモ帳
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
名前
at 2017-12-14 10:49
児童がほかの教職員と出会う
at 2017-12-13 06:32
マンションポエム
at 2017-12-11 14:44
鉛筆で遊ぶ
at 2017-12-10 07:39
除籍の不細工さ
at 2017-12-07 18:34
変化にかかる時間の意義
at 2017-12-07 10:09
question, prob..
at 2017-12-06 14:30
「お疲れさまです」
at 2017-12-05 14:30
非標本誤差
at 2017-12-02 20:58
大学の授業の作法
at 2017-12-01 18:45
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧