学校・教職員の現在と近未来-榊原禎宏のブログ

順番の不思議

ゼミに学生たちに話したことがきっかけだった。日常生活で使われる単位は一様ではないのではと。

念頭にあったのは、ドイツでの天気予防の際の風速の表現、彼の地では、風速を時速で表すのだ。25㎞/時間、という感じね。これに対して日本は、いわずもがな6㍍/秒、時速に換算すると21.6㎞になる。また、中国では「級」で表すそうで、0級は無風を意味し、5級くらいになると結構な強さらしい。ところ変わると言い方も変わっておもしろいなあ。

そこから話が(雑談的に)進んで、上位-下位と数値との対応関係の話になった。学業成績を示す5段階評価の場合、日本では「5」が一番よく、「1」が拙い、ドイツではこの反対だよと話してからふと気づいた。算盤や書道、剣道などを考えれば、「級」については数値の大きい方が下位で、小さい方が上位、つまり、1級の方が6級よりも上位だということ。これに対して、同じ習い事なのに、「段」については、逆になる、つまり、6段は2段より上位になる。あれっ、論理はしっかり逆転しているのに、私は違和感をこれまでまったく感じなかったなあ。

研究の種になるかどうかは、ちょっと心細いけれど、遊び心があってこその閃きや気づきが起こるということ、何事も楽しく考えようという話でした、はい。
[PR]
by walk41 | 2013-05-28 22:16 | 学校教育のあれこれ | Comments(0)
<< 数値化と専門性 小学校で身につけるべきことでは >>



教育学の一分野、学校とその経営について考えます。
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
メモ帳
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
「指導死」の背景
at 2017-10-22 21:46
気づかなかった
at 2017-10-19 21:56
人文・社会系学問のミッション
at 2017-10-18 23:02
nation
at 2017-10-17 12:45
好みの幅広さ
at 2017-10-15 12:43
スクールソーシャルワーカー
at 2017-10-14 10:59
「奏を功する」
at 2017-10-12 20:20
付いた力は自分ではわからない
at 2017-10-11 23:31
まずは良かった
at 2017-10-09 19:14
Fiasko/fiasco
at 2017-10-08 10:40
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧