学校・教職員の現在と近未来-榊原禎宏のブログ

あまり教育されないということ

ある中学校を訪れた。教室に張ってあった掲示の一つ。

小学校の教員が見たら、驚くやら怒るやらしかねないようなレタリング。「目」とか「氵」とかなかなかいい書きぶりでしょう。小学校で、「丁寧に書く」とか「正しい書き順で」とシャカリキになっても、子どもはそんな指導をあっさりと飛び越えて、しっかり遊びモードに翻訳してしまうのだ。

くわえて、この目標の緩さ、「不真面目」「志が低い」との誹りを免れないかもしれないけれど、長い学校生活、こんなダラダラの時期もあるのが、ある意味で自然ではないかな。

こんな学校の一風景は、「目標を掲げる」「サイクルを適切に回していく」「数値化して客観的に追求する」といった大人側の経営上の思惑が、なかなか成功しないことを暗示するかのようだ。

急に暑くなったしね、毎日は頑張れないもんね。これが学校生活であり、教職員が前提にしがちな「労働の現場」とは違うということを示すのである。
b0250023_1831155.jpg

[PR]
by walk41 | 2013-06-06 18:36 | 学校教育のあれこれ | Comments(0)
<< ワークって言われるものね 子どもの管理 >>



教育学の一分野、学校とその経営について考えます。
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
メモ帳
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
名前
at 2017-12-14 10:49
児童がほかの教職員と出会う
at 2017-12-13 06:32
マンションポエム
at 2017-12-11 14:44
鉛筆で遊ぶ
at 2017-12-10 07:39
除籍の不細工さ
at 2017-12-07 18:34
変化にかかる時間の意義
at 2017-12-07 10:09
question, prob..
at 2017-12-06 14:30
「お疲れさまです」
at 2017-12-05 14:30
非標本誤差
at 2017-12-02 20:58
大学の授業の作法
at 2017-12-01 18:45
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧