学校・教職員の現在と近未来-榊原禎宏のブログ

「ごっこ」

教頭研修にて、義務教育で特に熱心に取り組まれている校内研究を取り上げる。

教員と児童生徒の属性、人数やその時々の組み合わせによって、無限の生じ方がありうる、およそ再現性が予定できない、授業という事象について、「〜すれば、〜になるだろう」という文法を適用しようとすることが無理なのに、仮説ー検証というスタイルを求めることから、研究主任など苦しい立場に置かれることになるのでは、と提案したところ、「あれは、ごっこ、ですね」と応じた教頭先生がいた。なるほど、言えて妙だなあ。そういうつもりで、というフィクシィンだということですね。

もっとも、多くのごっこ遊びは、似た現実を持つのに対して、授業「研究」のごっこは、絵に描いた餅、決して現実になるわけではないのだけれど。

この教頭先生はこうも話した。「あれは、小学校の文化遺産です」と。ならば、取るべき方向は明らかだろう。ごく限られたところ、たとえば博物館に「昔、こんなことをしていました」と残しておけばよい。あちこちに遺産がある必要はないだろう。

それにしても、この地でも根強い「授業研究」スタイル。この桎梏を解き、やりがいのある児童生徒に還元される学校経営へと舵を切る、少しの勇気が求められる、と重ねて思わされている。
[PR]
by walk41 | 2013-06-14 17:23 | 学校教育のあれこれ | Comments(0)
<< 民主主義と専門主義 ところ変われど >>



教育学の一分野、学校とその経営について考えます。
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
メモ帳
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
ドイツにおける国家(Staat)
at 2017-12-16 21:58
名前
at 2017-12-14 10:49
児童がほかの教職員と出会う
at 2017-12-13 06:32
マンションポエム
at 2017-12-11 14:44
鉛筆で遊ぶ
at 2017-12-10 07:39
除籍の不細工さ
at 2017-12-07 18:34
変化にかかる時間の意義
at 2017-12-07 10:09
question, prob..
at 2017-12-06 14:30
「お疲れさまです」
at 2017-12-05 14:30
非標本誤差
at 2017-12-02 20:58
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧