学校・教職員の現在と近未来-榊原禎宏のブログ

こんな中学生が…

電車に乗ると、京都に修学旅行に来ている中学生たちが数人、それ用かしら、いずれも大きな切符を握りしめていた。

しばらくすると、並んで座っていた女の子が一人、立ち上がって、近くの女性教諭にひそひそと話しかける。どうしたのかなと思って見ていると、ひとつ向こうの男性、校長の方をちらちら見ている。あとでわかったのだが、「校長先生とジャンケンしてもいいですか」と教諭に許可をもらいにいったのだ。

了解が出たのだろう、横に座っていたもう一人の女の子も誘われて、二人して校長とジャンケンをしにいった。校長もこれに応えたようだ。笑いながら席に戻った彼女らは、向かいに座っていた女性教諭ともジャンケン、そして、その横に座っていた男の子ともジャンケン、「勝って、負けて、買った」と指を折って数えている。そうこうするうちに、乗り換え駅に着いた彼らは、他の多くの中学生たちと一緒に電車を降りて行った。

女性教諭が手にしていた「修学旅行」の綴りに少しだけ見えた学校名はけっきょく判別できなかったが、いずれにせよ中学生三年生だろう。いくら旅先で楽しいとはいえ、かくも素朴な彼らの様子を見るに、あれこれはあるだろうけれど、学校生活が楽しいのだろうな、教職員も「教育的」かどうかはともかく、生徒といい感じの関係を築けているのだろうな、と強く感じた。

と、同時に、自分の見聞きした話を「どこでもそうやで」と言わんばかりに一般化しようとする評論家や少なくない研究者(自己反省を含めて)への批判とも捉えられるかなと、思わされもしたのだ。

明日までのようだったけれど、京都での旅行を楽しんで帰ってね。
[PR]
by walk41 | 2013-06-16 18:50 | 学校教育のあれこれ | Comments(0)
<< 方言の力 暑いからかしらん >>



教育学の一分野、学校とその経営について考えます。
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
メモ帳
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
「指導死」の背景
at 2017-10-22 21:46
気づかなかった
at 2017-10-19 21:56
人文・社会系学問のミッション
at 2017-10-18 23:02
nation
at 2017-10-17 12:45
好みの幅広さ
at 2017-10-15 12:43
スクールソーシャルワーカー
at 2017-10-14 10:59
「奏を功する」
at 2017-10-12 20:20
付いた力は自分ではわからない
at 2017-10-11 23:31
まずは良かった
at 2017-10-09 19:14
Fiasko/fiasco
at 2017-10-08 10:40
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧