学校・教職員の現在と近未来-榊原禎宏のブログ

教員がやらせたいだけ?

平田オリザ『わかりあえないことからーコミュニケーション力とは何か』(講談社、2012)を読んでいる。コミュニケーション力のあるなしは、どんな問題なのか、話せばコミュニケーションなのか、会話と対話との違い、冗長であることなど、これまで読んだものと重なりを見せながらも、おもしろい。

過日のある会議でも、小学校の教員たちが見つけた児童の「問題」が報告されていた。発言が乏しい、のだそうである。私も一度だけ訪れた学校だが、全校児童が130人ほど、各学年単級の、しかもクラスあたり20人あまりの小さな学校である。子どもたちも幼い頃からよく知り合っている仲だろうし、そばにいれば雰囲気を感じることもあるだろう。

そんな場で、授業中の発表回数を増やすとか、お話タイムを設けるとか、あいさつ大賞を渡すといった取り組みを進めていると聞いたので、思わず「話さなくてもわかっている(つもりの)子どもたちの行動が合理的なものとも考えるべきでは」と発言したところ、指導主事の一人が「教師がそうさせたいだけなんでしょうね」と返したのが印象的だった。

このところ、私の書きぶりは教員批判をいっそう強めているけれど、それは期待と希望の現れ、と捉えて欲しい。コミュニケーションとはどういうことだろうかと悩むことなく、子どもが何か話せば、また続けて話せば、「つながることば」なんて露骨なロマン主義に酔ったままの観察眼で、どんないい仕事ができるというのだろう。さっぱりわからない。黙ってるのも、立派なコミュニケーションやん。

教育実践を良くするなど、自分が変わることに他ならない。にもかかわらず、子どもに〜させる、保護者にちゃんとやったかチェックしてもらう、といった他人任せの様を、いったい、いつまで続けるつもりだろう。教員のみなさんからの反論をぜひ伺いたい。忙しいなどと言っていないで。
[PR]
by walk41 | 2013-06-25 17:06 | 学校教育のあれこれ | Comments(0)
<< 4列目はなかった 属人風土 >>



教育学の一分野、学校とその経営について考えます。
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
メモ帳
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
気づかなかった
at 2017-10-19 21:56
人文・社会系学問のミッション
at 2017-10-18 23:02
nation
at 2017-10-17 12:45
好みの幅広さ
at 2017-10-15 12:43
スクールソーシャルワーカー
at 2017-10-14 10:59
「奏を功する」
at 2017-10-12 20:20
付いた力は自分ではわからない
at 2017-10-11 23:31
まずは良かった
at 2017-10-09 19:14
Fiasko/fiasco
at 2017-10-08 10:40
青か緑か
at 2017-10-06 09:39
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧