学校・教職員の現在と近未来-榊原禎宏のブログ

二つの世界

卒業して、教員としてぶじ働いている君と会う。

幸いにも、とても楽しい学年メンバーとのことで、それは良いのだけれど、夕方からお菓子を食べる、気分転換にちょっと卓球したり、ふと気づくと夜も9時になっているらしい。

確かに、子どもが帰るまでは、その対応以外のことはできないだろうし、夕方からは、じゃあ仕事だ、という雰囲気は十分にわかる。その上で、でもそれでは勤務という感じではないのではと話をふると、「そうですね、二つの世界を生きているのかもしれません」と返ってきたので、そうかもしれないと思わされたのだ。

大人だけという一元的な関係ではなく、子どもと大人(同僚や保護者など)という二つの世界を行き来する社会に過ごす教職として、ぜひ留意してほしい。その特性から、自分はどんな仕事をしているのかが曖昧になりがちなことを。だから、できるだけ終業の時間で帰宅して、少しでも自身の様子を眺める余裕を持つようにと。

その一方でこうも思う。卒業して間もない君ですら、飲み込んでしまう学校の最前線の磁場の強さを。学校を変えることは容易ではないと。
[PR]
by walk41 | 2013-06-29 00:15 | 学校教育のあれこれ | Comments(0)
<< 大仏の頭 遊び感覚で >>



教育学の一分野、学校とその経営について考えます。
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
メモ帳
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
地毛は大切?
at 2017-08-21 10:30
「言い切れる正しさ」
at 2017-08-21 09:34
「子どもらしさ」と感情の表出
at 2017-08-19 16:13
人一倍
at 2017-08-18 12:45
Platoon
at 2017-08-16 23:25
〜しか〜ない
at 2017-08-15 19:34
7月4日に生まれて
at 2017-08-14 22:54
耐えられる能力
at 2017-08-13 16:29
negative capab..
at 2017-08-13 12:45
悲しいとき〜
at 2017-08-12 13:43
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧