学校・教職員の現在と近未来-榊原禎宏のブログ

形から入ることの愚

ある市では「学びの共同体」を推進しており、教室の机はコ型、話してくれた指導主事の子どもが通う中学校では私語が止まず、学級崩壊状態なのだという。PTAの会議では、「あの机の配置が元凶なのは明らかですから、止めて下さい」と保護者が訴えるも、学校は「市の方針ですから」「あと少し研究を」と回答、「1年生、2年生、そして今の3年生とやってきて、もう十分でしょう」と反論があったのだとか。

こんなことすら各学校で決められない「学校の自律性」論の虚しさもさることながら、より問題なのは「学び」という優れて個人的な体験に大きく拠ることについて、机の配置などやり方を決めて示すなど、両者が相反することになぜ教員は気づかないのだろう、ということだ。なんとか大学の先生の理論ですからと、属人主義に陥り、中身を吟味できないでいる。何ということだろう。

「こうすればいい」「こんな風にやれば上手くいく」という発想が、教職としての専門性を危うくしていること(教育活動のファストフード化)に気づかないほどに、教員の学力が低下しているのだろうか。まったくもって憂うべきことではないだろうか。
[PR]
by walk41 | 2013-07-19 16:40 | 学校教育のあれこれ | Comments(0)
<< 形から入ることの愚(その2) 「机上の実論」 >>



教育学の一分野、学校とその経営について考えます。
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
メモ帳
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
名前
at 2017-12-14 10:49
児童がほかの教職員と出会う
at 2017-12-13 06:32
マンションポエム
at 2017-12-11 14:44
鉛筆で遊ぶ
at 2017-12-10 07:39
除籍の不細工さ
at 2017-12-07 18:34
変化にかかる時間の意義
at 2017-12-07 10:09
question, prob..
at 2017-12-06 14:30
「お疲れさまです」
at 2017-12-05 14:30
非標本誤差
at 2017-12-02 20:58
大学の授業の作法
at 2017-12-01 18:45
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧