学校・教職員の現在と近未来-榊原禎宏のブログ

こんな教育効果なら見えやすいのだけれど

「しぶきを上げろ 全米で水泳教室」(日経、20130728)。義務教育に水泳がないアメリカでは、地域による水泳への熱心さの違いが泳力に大きく影響しており、北東部や内陸部では、プールのない学校が大半、習い事での優先順位も低くなりがちだという。その結果。黒人の子どもの7割、ヒスパニックの子どもの6割は泳げず、溺死の割合は実に白人の3倍に達するのだとか。

日本では水泳が学校教育に位置づけられており、小学校の学習指導要領には、「水遊び」「浮く・泳ぐ運動」「水泳」と2学年ごとの内容も示されている。「何気に」プールや海で遊んでいたこと、臨海学校があったり、夏休みに学校プールに通ったことが、結果的に命を守ることにもつながっているのだなあと思わされる。

こうした大量の量的データをもとに導き出せる事実から、教育内容について議論することはできる。ただし、それはあくまでも大量の量的データという但し書き付きだ。1つのクラスや学校ほどの量では論じるのが難しいことも、同時に確かめるべきだろう。

ところで、北海道での研修で対応下さった指導主事のお一人が体育教員で、お昼ご飯を食べながらお喋りをしていたら、こんなことを言われたのがおもしろかった。「そういうことだったのですか。北海道では野菜や果物を育てるビニールハウスでイメージしてもらうような形のプールが一般的なので、本州の人から『夏、プールによく行って、皮がむけた』と聞いてもピンとこなかったのです。」イメージするプールが違っていました(^^;)。総務省統計局「統計でみる都道府県のすがた」(2013)ほかデータによると、公立小学校プール設置率(対公立小学校数)で北海道は第47位、寒いところですものね。
[PR]
by walk41 | 2013-07-29 09:30 | 学校教育のあれこれ | Comments(0)
<< 教職キャリアの再設計? 暑いとこう寝る >>



教育学の一分野、学校とその経営について考えます。
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
メモ帳
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
非言語に見られる自己認知と自..
at 2017-08-23 11:41
お店の名前
at 2017-08-22 09:11
地毛は大切?
at 2017-08-21 10:30
「言い切れる正しさ」
at 2017-08-21 09:34
「子どもらしさ」と感情の表出
at 2017-08-19 16:13
人一倍
at 2017-08-18 12:45
Platoon
at 2017-08-16 23:25
〜しか〜ない
at 2017-08-15 19:34
7月4日に生まれて
at 2017-08-14 22:54
耐えられる能力
at 2017-08-13 16:29
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧