学校・教職員の現在と近未来-榊原禎宏のブログ

問題文が変なのでは?

2013年全国学力テストの結果が報告された。例によって、ランキングに注目させる新聞記事が少なくないが、個々の問題を見ると、これって問題文の表現がおかしいのでは、と思わされるものを見つけることができる。

中学校の数学Aの(4)、「東京から日付変更線までの間にある都市との時差は正の数で、西にある都市との時差は負の数で表すことができます。例えば、東京とウエリントンの時差は正の数を用いて+3時間と表すことができます。東京の時刻を基準にして、東京とカイロの時差を表しなさい。」と世界地図と各都市が示されている問題だ。

正解は−7(反応率65.6%)だが、7と回答している者が13.8%ある。確かに、東京から見て西に位置するカイロは、問題文の前半で、西はマイナスとあるから、ただの7では間違いだろうけれど、「東京とカイロの時差を示しなさい」と尋ねられると、7時間と答えてしまうのは、理解できていないからと解釈して良いのだろうか。

そうではなくて、「東京とカイロの時差は、どのように示すことができますか」と、普段遣いの表現とは違うものを求めていることを明示するような問題文であれば、回答状況も変わってくるように思うのだけれど。

細かな点に注意できることも学力とは言えるだろうけれど、わかっておくべきこと、できるべきこと、の整理がなされた問題になればと思う。昔、アインシュタインが新聞記者に音の早さ(音速)を尋ねられた際、「そんなことは知りません」と答えたと言われているけれど、人の能力を測ることは難しい例と捉えて良いだろう。

楽観に過ぎるだろうか。上の問題で7と答えた生徒の大半はわかっていると判断することは。
[PR]
by walk41 | 2013-08-28 12:51 | 学校教育のあれこれ | Comments(0)
<< ジジのこと 人格と切り離せない仕事 >>



教育学の一分野、学校とその経営について考えます。
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
メモ帳
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
名前
at 2017-12-14 10:49
児童がほかの教職員と出会う
at 2017-12-13 06:32
マンションポエム
at 2017-12-11 14:44
鉛筆で遊ぶ
at 2017-12-10 07:39
除籍の不細工さ
at 2017-12-07 18:34
変化にかかる時間の意義
at 2017-12-07 10:09
question, prob..
at 2017-12-06 14:30
「お疲れさまです」
at 2017-12-05 14:30
非標本誤差
at 2017-12-02 20:58
大学の授業の作法
at 2017-12-01 18:45
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧