学校・教職員の現在と近未来-榊原禎宏のブログ

断酒会

他大学で、校内研究と授業研究に関する集中講義を担当したが、その3日目、現職教員でもある受講生が、次のような趣旨を呟いた。

「ずっと考えていたのですが、先生の仰る、新しい校内研究の提案というのは、ちょうど、アルコール依存の人たちが立ち直るべく、集まってそれぞれに話をするシーンに近いのかなと。いろいろな話が語られる中、自分なりに聴けば参考になることがある、という感じで捉えればいいのですね。」

上手いこというなあ。その通りと取ってもらっていいのではないだろうか。授業の背景、発想、やり方、結果(らしきもの)には、いろんなケースがある。だから、「~すれば、~になる」という文法はふさわしくないし、「こんなことも、あんなこともある」と、思考の収束ではなく拡散を通じてこそ、意味ある場となる。

問題は、「現場はライブだ」と主張する一方で、「やり方を知りたい」とも述べる、教員の不整合な思考である。こんな矛盾する話はないのだ。両立しないのだから、いずれに重きを置くかを選ばなければならない。だからこそ、大学における机上の授業を通じて、ともすればまったく混線しているのに、そう思っていない世界のありようを説明し、解きほぐすことが大切になる。

この作業が誰にでもできるわけではないという点に、大学教員の存在意義がある。したがって、これとは反対の方向、自分の経験やちょっと囓った「学説」をもとに、「理論を実践に応用する」と述べるなど、およそ大学教員と無縁と言うべきだろう。
[PR]
by walk41 | 2013-09-04 08:37 | 学校教育のあれこれ | Comments(0)
<< 和製英語 二年連続 >>



教育学の一分野、学校とその経営について考えます。
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
メモ帳
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
「指導死」の背景
at 2017-10-22 21:46
気づかなかった
at 2017-10-19 21:56
人文・社会系学問のミッション
at 2017-10-18 23:02
nation
at 2017-10-17 12:45
好みの幅広さ
at 2017-10-15 12:43
スクールソーシャルワーカー
at 2017-10-14 10:59
「奏を功する」
at 2017-10-12 20:20
付いた力は自分ではわからない
at 2017-10-11 23:31
まずは良かった
at 2017-10-09 19:14
Fiasko/fiasco
at 2017-10-08 10:40
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧