学校・教職員の現在と近未来-榊原禎宏のブログ

どうしてこうなるの

教員研修に出かけた。校内研究のあり方を取り上げる講座だ。

校内研究をどのように進めていったらよいかを考えるには、既存の校内研究のあり方を分析することがスタート点になる。

なぜ校内研究と謳いながら授業研究にもっぱら限られているのか、授業研究を扱うにしても、授業とはどのようなものかを踏まえずに、何となく授業研究と言っているのではないか、仮説と検証という言葉をつかいながら、その実は何らこれらと関係ないことをしているのではないかなど、とあれこれ問いかけ、グループでの話し合いを通じて振り返ってもらう。

この作業を経てこそ、これまで自分たちが当然と思いこんでいた論理とスタイルから解き離れて、自由に校内研究を構想する手がかりを得ることができる。校内研究は授業研究、授業研究は何か研究主題を立てて、「~すれば~になるだろう」という誰も信じてはいない作文をして、なぜか1年間かけてやると決めて、本番がどうなるかわからないのに事前の指導案の段階でさんざんにこだわって、誰かの授業を見て、思いついたことを事後検討会でしゃべって、時間が来たらおしまい。報告書を作らなければならない場合は、反エコを承知であれこれ資料を詰め込んで分厚くなるように仕上げ、誰も読むことはない、こんな当たり前を問い直すこと。

そして、講師が収束ではなく拡散として授業像を捉えること、具体的で限定的なテーマを設定してこそ、検証可能な仮説を立てうること、期間限定でメンバーも限った集中的な取り組みこそ意味がある、と提案までして終えたのに。

受講者の感想の大半は、目から鱗と驚きと新鮮な視線を得たことを書いてくれたが、数名は、否定的な文面。いわく、「具体的な校内研究の進め方について教えてほしかった」…これを読んでいたく脱力。それを考えることこそ、研究主任であるはあなたの仕事でしょう。

児童・生徒から「何のためにこれを勉強するの」「すぐに役立つことを教えてほしい」と言われたら、この教員は何と応えているのだろう。「回り道することも勉強」「一見むだに見えることも大切」と話すのがおおよそではないだろうか。なのに、この感想。不思議だと思わないのだろうか。さっぱりわからん。

人の論理は矛盾していても、そうとはさっぱり気づかない場合が当たり前にある、こんなことを確認できた残念な日だった。
[PR]
by walk41 | 2013-10-01 13:57 | 学校教育のあれこれ | Comments(0)
<< 疑問文の作り方 リスク管理はできているだろうか >>



教育学の一分野、学校とその経営について考えます。
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
メモ帳
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
名前
at 2017-12-14 10:49
児童がほかの教職員と出会う
at 2017-12-13 06:32
マンションポエム
at 2017-12-11 14:44
鉛筆で遊ぶ
at 2017-12-10 07:39
除籍の不細工さ
at 2017-12-07 18:34
変化にかかる時間の意義
at 2017-12-07 10:09
question, prob..
at 2017-12-06 14:30
「お疲れさまです」
at 2017-12-05 14:30
非標本誤差
at 2017-12-02 20:58
大学の授業の作法
at 2017-12-01 18:45
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧