学校・教職員の現在と近未来-榊原禎宏のブログ

これは認められるべき?

小学校を訪問した。

授業公開だったので、駆け足ながら一渡り見せてもらう。

授業の内容もさることながら、興味深く思ったのは、4年生と同じ学年の、隣り合うクラスで、一方の教員は、授業中、児童を下の名前(名)で呼び捨てし、もう一方の教員は児童を上の名前(姓)にくん、さん付けをしていたことだ。いずれもベテランと言っていいくらいの年齢の女性である。

拙論「叱るときこそ丁寧に-教師の子ども呼称における賭け-」(『教育実践研究紀要』12/225-229, 京都教育大学附属教育実践総合センター, 2012.03)に書いたが、子どもといえども(子どもだからこそ?)、どのように呼ばれるかによって、相手に対する印象は変わるとすれば、そのありようは、「教材研究」以前に問われるべきだろう。

しかも同じ学年、たまたま当たった学級担任の考え方で、呼ばれ方が多少なりとも違うことは「誤差」として許容範囲なのだろうか。それとも、「それぞれのカラー」が出るのが学級経営だから仕方がない、あるいはむしろ望ましいことでもあるのだろうか。そもそも、児童がそう呼ばれていることを互いが、さらには校長ほか他の職員は知っているのだろうか。

せめて、「なぜそう呼ぶか」を両者で話し合ってほしい。それでこそ、「風通しの良い」組織だろうと、私は願うのだけれど。
[PR]
by walk41 | 2013-11-02 06:34 | 学校教育のあれこれ | Comments(0)
<< 続くことのすごさ 「何となく」の恐さ >>



教育学の一分野、学校とその経営について考えます。
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
メモ帳
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
非言語に見られる自己認知と自..
at 2017-08-23 11:41
お店の名前
at 2017-08-22 09:11
地毛は大切?
at 2017-08-21 10:30
「言い切れる正しさ」
at 2017-08-21 09:34
「子どもらしさ」と感情の表出
at 2017-08-19 16:13
人一倍
at 2017-08-18 12:45
Platoon
at 2017-08-16 23:25
〜しか〜ない
at 2017-08-15 19:34
7月4日に生まれて
at 2017-08-14 22:54
耐えられる能力
at 2017-08-13 16:29
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧