学校・教職員の現在と近未来-榊原禎宏のブログ

名前は変わらなくても…

NHKの朝のニュース、日本でコンビニエンスストアが始まり今日で40年とのこと。セブンイレブンの一号店でずっと店長を務める方が登場した。

「お店の名前は変わっていませんが、内容はずいぶんと変わったように思います」と話される。当初は缶詰や乾物が多かったそうだが、今や主力はお弁当やお総菜。以前、NHK「プロジェクトX」で取り上げられたのを観たが、最初に売れたのは確かサングラスだったように思うが、昨今は、役場の業務の出先、宅配便の受付、最近では薬の販売や健康測定、若手漫才師の出演まで扱う店もあるという。

どんどんと変化していく世の中に、新たな可能性を見出していくということ、人間や社会に関わる仕事というのは大凡このようではないかと思う。「伝統とは耐えざる革新」とも聞く。

翻って学校というのは、どう変わっていくのか、それとも変わらないことに意義を見出すのか。私見ながら、このどっちつかずな辺りが、昨今の展望のなさに繋がっているように思えてならないのだけれど。まずは学校の当事者である教職員は、学校をどのように変えたい/変えたくない、と思っているのだろうか。と書いて、大学にももちろん当てはまることと思わされた。
[PR]
by walk41 | 2013-11-18 09:59 | 学校教育のあれこれ | Comments(0)
<< 大いに「もやもや」してほしい 盲点を見つけられるか >>



教育学の一分野、学校とその経営について考えます。
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
メモ帳
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
名前
at 2017-12-14 10:49
児童がほかの教職員と出会う
at 2017-12-13 06:32
マンションポエム
at 2017-12-11 14:44
鉛筆で遊ぶ
at 2017-12-10 07:39
除籍の不細工さ
at 2017-12-07 18:34
変化にかかる時間の意義
at 2017-12-07 10:09
question, prob..
at 2017-12-06 14:30
「お疲れさまです」
at 2017-12-05 14:30
非標本誤差
at 2017-12-02 20:58
大学の授業の作法
at 2017-12-01 18:45
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧