学校・教職員の現在と近未来-榊原禎宏のブログ

学校教育という儀式

今年の初詣の様子を見た、あるブロガーが、晴れ着姿の見当たらなさを指して、冠婚葬祭業がこれからヤバイと書いていたが、「欧州、キリスト教会離れ」(読売新聞、20140105)を読んで、近代社会はいっそう儀式から離れていくのだろうな、と思わされた。

「神は死んだ」(ヘーゲル)の言もこれに重なるだろう、神という名の見えない存在よりも、人間の主体性を優位させるという発想は、「なんとなく」行われてきた儀式やしきたりを後退させる。なぜなら、そこには根拠がなく、あったとしても不確かな理由しか見つけることができず、自分の考えや判断に基づくことが、より「もっともらしい」と思うようになるからだ。

キリスト教徒ではあるけれど、教会には属さないという傾向の強まりは、所得の8〜9%を教会税として源泉徴収されるドイツで、いっそう顕著なようだ。この20年間でおよそ20%もの教会会員数が減っているという。

ひるがえって学校教育。一見、宗教を凌駕した近代社会にフィットした場とも見なせるが、そこには「なんとなく」続けられ、現在から見れば古典的とも見なせる儀式にも溢れている。一斉教授方式、学年や学級という区分、教員資格とその「高度化」志向、学校教育費というドンブリ勘定な財政‥、これらは、先の教会のような體をなしてはいないだろうか。

民主主義社会が、独立した個人の自由意志を最大限に尊重する社会でもあるならば、それは畏敬や迷信を極力排除するところでもある。冠婚葬祭が徐々に廃れるように、事大主義的なあれこれも人気を失っていくとすれば、学校という場は何に存立基盤を求めることになるだろうか。

ひょっとして、そんな問いを持つこともなく、いつまでも教会があると信じる人たちと同じような運命を、学校は辿ることになるのだろうか。
[PR]
by walk41 | 2014-01-05 20:52 | 学校教育のあれこれ | Comments(0)
<< 国家単位の比較の意味は? 生き物が持つ力 >>



教育学の一分野、学校とその経営について考えます。
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
メモ帳
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
名前
at 2017-12-14 10:49
児童がほかの教職員と出会う
at 2017-12-13 06:32
マンションポエム
at 2017-12-11 14:44
鉛筆で遊ぶ
at 2017-12-10 07:39
除籍の不細工さ
at 2017-12-07 18:34
変化にかかる時間の意義
at 2017-12-07 10:09
question, prob..
at 2017-12-06 14:30
「お疲れさまです」
at 2017-12-05 14:30
非標本誤差
at 2017-12-02 20:58
大学の授業の作法
at 2017-12-01 18:45
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧