学校・教職員の現在と近未来-榊原禎宏のブログ

こんな「なんとなく」も

まったく知らなかった、学校での健康診断にある座高測定が「不要論、放置された20年」(日経、20140106)だったということを。

ようやく、来年にも廃止とのことだが、これまでも「座高が発育状況を示すとの根拠はない」などと指摘されてきたのに、文部科学省の学校健康教育課は「机や椅子を子どもに合った高さに調整するのに必要」と実施を継続してきたという。「調整に測定結果を活用する学校は少なかった」(同記事)とも言われる一方で、である。

私が子どもの頃、座高の数値を見ては「胴長(つまり短足)」と友だちの間での馬鹿話に供されたが、深刻な場合にはいじめにも転じたことだろう。これが1937年に導入されて以降、80年近く経って廃止になるらしい。「なんとなく」続いていることがここにもあったのね。

くわえて、導入のきっかけが「胴長は内臓が丈夫で兵隊に向いている」からとのことにも驚かされた。学校って軍隊と強い結びつきを持っていることを、改めて思わされる。

[PR]
by walk41 | 2014-01-07 09:12 | 学校教育のあれこれ | Comments(0)
<< 物語 国家単位の比較の意味は? >>



教育学の一分野、学校とその経営について考えます。
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
メモ帳
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
名前
at 2017-12-14 10:49
児童がほかの教職員と出会う
at 2017-12-13 06:32
マンションポエム
at 2017-12-11 14:44
鉛筆で遊ぶ
at 2017-12-10 07:39
除籍の不細工さ
at 2017-12-07 18:34
変化にかかる時間の意義
at 2017-12-07 10:09
question, prob..
at 2017-12-06 14:30
「お疲れさまです」
at 2017-12-05 14:30
非標本誤差
at 2017-12-02 20:58
大学の授業の作法
at 2017-12-01 18:45
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧