学校・教職員の現在と近未来-榊原禎宏のブログ

協働の基盤

特別支援学校にお邪魔した。教育実習で学生がお世話になっているので、お礼を兼ねての訪問だ。

図らずも、学校案内をしてくださり、お忙しい中、申し訳なくも大変嬉しく頂戴する。気がつけば二時間以上も見学させてもらっていた。

高等部まである大きな学校で、教職員のみなさんが忙しく動いておられる様子を見せてもらう。作業活動の時間は、2月に迫っているひな祭りに合わせて販売する作品づくり、生徒それぞれが役割を担っている。縫い子、木工、陶芸と、作品に仕上げるべく、スタッフが打ち合わせ、準備、時間中の分担と、否が応でも協力的にならざるを得ない。

小学部では、十数人の子どもと十人ほどのスタッフが歌って、動いてと元気いっぱいだった。進行役、BGM担当、ある子どものフォローと、分業そして協業して臨まなけれならないのは、明らかだ。

学校において個業性が高いというのは、多数の児童生徒が在学する「普通」教育におおよそ当てはまることではある。ただし、こうした学校を見せてもらうと、一つの形、完成といったものが目指されれば、分業ー協業されやすくなる(そうしなければ事が進まない)ことがよくわかる。多くの学校でも、学校行事では、同様の傾向を見せることからも、この点は説明できるだろう。

個業性が優位しがちな学校で、スタッフ間の不干渉や無関心が跋扈しないように努めるには、時々であっても「共同作品」に臨む機会をより設けることだろう。それは必ずしも学校行事でなくても良い。それぞれの持つ「物語」を開陳し、交差させ、少しストーリーを更新させていくこと、その仕掛け人がミドルリーダーと呼ばれるスタッフや管理職ではないだろうか。
[PR]
by walk41 | 2014-01-30 13:15 | 学校教育のあれこれ | Comments(0)
<< スペック 組織としての健康 >>



教育学の一分野、学校とその経営について考えます。
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
メモ帳
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
名前
at 2017-12-14 10:49
児童がほかの教職員と出会う
at 2017-12-13 06:32
マンションポエム
at 2017-12-11 14:44
鉛筆で遊ぶ
at 2017-12-10 07:39
除籍の不細工さ
at 2017-12-07 18:34
変化にかかる時間の意義
at 2017-12-07 10:09
question, prob..
at 2017-12-06 14:30
「お疲れさまです」
at 2017-12-05 14:30
非標本誤差
at 2017-12-02 20:58
大学の授業の作法
at 2017-12-01 18:45
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧