学校・教職員の現在と近未来-榊原禎宏のブログ

「見える化」論の幼さ

指導主事さんと話す。「達成と満足の話をなさっていましたが、どういうことでしょうか」。

例を引きながら話すなかで、これは客観的評価と主観的評価、さらに「見える」と「見えない」に連なることに気づかされた。

学校教育で考えると、生徒の学力が上がったかどうかはテストなどで客観的に測れる、見えるが、それによって生徒の興味や関心が高まったかは当人の主観に委ねられ、見えるものではない。少なくない教員が給与の多寡よりも仕事にやりがいを求めるのであれば、見えるものよりも見えないものに重きをおいていることになる。保護者の学校評価は多分に後者、主観的であり、だからこそ数値で表記することが嫌がられる。

にもかかわらず、達成、客観性、見える化がもっぱら唱道されるというのは、その主が一面的な見方に留まっていることに気づけていないことを意味する。「こうすべきだ」と主張する際に、自分を疑ってみること、ワンクッションを置く能力が求められるだろう。

自身がどのような観点から事実を見ているのか、どんなフレームにもとづくとそのような結論がでてくるのか、という認識枠組みを可視化することは難しいのに、それを放ったままに「見える化」を唱えるというのは何と皮肉なことだろうか。
[PR]
by walk41 | 2014-02-04 12:19 | 学校教育のあれこれ | Comments(0)
<< 木造千躰薬師立像 「P」は止めて >>



教育学の一分野、学校とその経営について考えます。
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
メモ帳
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
「させていただく」
at 2017-11-23 16:09
「国立」に地域ニーズ?
at 2017-11-22 09:14
紅葉に心洗われます
at 2017-11-20 13:03
「~以外は不可」
at 2017-11-16 22:43
そんな構図ではない
at 2017-11-14 09:52
求めている次元が違う
at 2017-11-12 18:36
ゴアー
at 2017-11-11 19:45
パラ・シアター
at 2017-11-10 19:10
宣伝です
at 2017-11-09 20:30
卒業論文中間発表会
at 2017-11-08 07:57
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧