学校・教職員の現在と近未来-榊原禎宏のブログ

免許更新制度の意義

東大阪市の中学校で、社会科を担当する45歳の教員が、実は教員免許を持っておらず、さらには大学も中退、卒業していないことが明らかになった(毎日新聞、20140222)。このことが明らかとなったのが、免許更新手続きだったという。驚かされた。

教員採用試験の際の書類をどこまで教育委員会が確かめられるのか、瑕疵はなかったのかも論点になるだろうが、それとは別に、大学を出ていなくても、教員免許を持っていなくても、それなりに教職は務まるんやなあ、この点で「ニセ教員」っていないなあ、と改めて思わされる。15年も働いていて、業務に大きな支障が出なかったからこそ現職でいられた訳だから、大卒や免許という変数が業務に対して大した説明力を持っていないことを示すのである。

だから、10年に一度の更新講習を受けたから、教員としての能力を担保するなど、まさに絵空事であることも明らかである。4年間の大学教育ですら大きな影響力を与えていないと今回のケースから導かれるのに、30時間ほどの研修がどれほど意味を持ちうると立論するのだろうか。

教員免許更新講習の意義は、こうした「なりすまし」をあぶり出せる点にあると言うべきである。教員がしっかりと電子データに記録され、いつでも、どこでも確認されうるという教職の制度化を促した、と評価されるべきだろう。
[PR]
by walk41 | 2014-02-22 09:31 | 学校教育のあれこれ | Comments(0)
<< 学校だって「おもてなし」 サラリーマン川柳 >>



教育学の一分野、学校とその経営について考えます。
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
メモ帳
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
「指導死」の背景
at 2017-10-22 21:46
気づかなかった
at 2017-10-19 21:56
人文・社会系学問のミッション
at 2017-10-18 23:02
nation
at 2017-10-17 12:45
好みの幅広さ
at 2017-10-15 12:43
スクールソーシャルワーカー
at 2017-10-14 10:59
「奏を功する」
at 2017-10-12 20:20
付いた力は自分ではわからない
at 2017-10-11 23:31
まずは良かった
at 2017-10-09 19:14
Fiasko/fiasco
at 2017-10-08 10:40
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧