学校・教職員の現在と近未来-榊原禎宏のブログ

人は幸せになるために生きるのか

NHK、朝の6時台に放送される「世界のニュース、ザッピング」、フランスからのニュースは、バカロレア(大学入学資格国家試験)の問題の紹介だった。

バカロレアでは哲学が必修となっており、今年度の問題の一つは、「人は幸せになるために生きるのか」だったという。この問題に、受験生は4時間をかけて取り組んだとのこと。

想像するに、日本でこんな問題を出せば、「正解」の客観性がない、採点者によって得点がばらつく、そもそも4時間もこれに当てることができない、と大騒ぎになること間違いなし。なんたって、試験、とくに入試は、「平等・公平」でなければいけない国だからね。

こんな試験のお陰でフランス人には哲学が息づいているとは早計に過ぎるかも知れないけれど、一つの理屈ではあると思う。憲法9条があるのに「集団的自衛権は成立する」なんてごり押しもたいがいにしいや、という政権が跋扈するような国と比べるとね。

大学までは「正解」主義で我慢するから、大学に入ったら、わからないことを大いに楽しもうではないの。そもそも、大学ってそんな場じゃなかったっけ。
[PR]
by walk41 | 2014-06-18 20:24 | 学校教育のあれこれ | Comments(0)
<< 実証してほしい いくら良いプリントをもらっても >>



教育学の一分野、学校とその経営について考えます。
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
メモ帳
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
「指導死」の背景
at 2017-10-22 21:46
気づかなかった
at 2017-10-19 21:56
人文・社会系学問のミッション
at 2017-10-18 23:02
nation
at 2017-10-17 12:45
好みの幅広さ
at 2017-10-15 12:43
スクールソーシャルワーカー
at 2017-10-14 10:59
「奏を功する」
at 2017-10-12 20:20
付いた力は自分ではわからない
at 2017-10-11 23:31
まずは良かった
at 2017-10-09 19:14
Fiasko/fiasco
at 2017-10-08 10:40
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧