学校・教職員の現在と近未来-榊原禎宏のブログ

公教育に「契約」を

過日、幼稚園教諭の免許状に関わる研修があった。一日で90分の授業を5コマ、受講者のみなさん、大変お疲れさまでした。

授業は公教育の経営について。公教育といっても、私の場合はそのほとんどは学校教育についてだが[看板に偽りあり](^^;)。そのマクロ、メゾ、ミクロの各点に即して問いを立てて、受講者に投げかけること。たとえば、学校設置者の立場から、保護者の立場から、そして子どもの立場から、といったようにである。

この中でも多くの話が出たのは、保護者との対応についてだった。受講者の多くはすでに教育関係職に就かれている方々だったが、いわゆる「モンスター両親」の問題を含めて、「どこにでもあるのだなあ」とエピソードの聴けたことが興味深かった。

子どもの数の、乱暴にいってほぼ2倍の保護者がいるとすれば、広義の学校関係機関の抱える負荷はいかほどかと想像する。それぞれの保護者の思想信条や行為規範が子どもの数以上にあると考えれば、それらへの対応を求められる学校が相当の負荷を求められることは明らかだろう。

この大きな負荷、あるいは問題は、学校という場での権限と責任が極めてあやふやなことが災いしていると思う。たとえば、ハンバーガーショップに行って、他の客について文句を言う客が珍しいのに対して、学校では、教職員の対応に留まらず、生徒同士のトラブルまでも問題の範疇に含まれがちだから。

学校生活というように、学校が児童生徒をほぼ全面的に受け止める格好で向かわざるを得ないというのが、基本的に問題を複雑にしていると思う。公教育である学校とて、限りのあるスタッフほか資源で経営されている場である。「いつでも、どこでも、だれでも」対応出来るわけではない。なのに、夜も8時に近いのに、「~先生はおられますか」と電話が入り、すでに帰宅していたならば別の職員が「すみません」と詫びるような状況も、決して珍しくはない。

そこで思うのは、形式に過ぎると言われるだろうが、学校と保護者、そして児童生徒の間で書面の「契約」を交わすことだ。学校はこれこれに懸命に臨み、保護者はこれを支えるべく協力や支援を行い、そして児童生徒は両者の期待に応えるように日々を励むというように。

学校教育の「成功」は、教職員だけでは望むべくもない、ということを当たり前の理解として、当事者に協力と頑張りを求めること、こうした緊張と均衡の構図なしでは、学校教育がうまくいくはずがない、という「常識」を置くこと。学校問題の第一歩は、この点で大きな「勘違い」がままあると認めることから始まるというべきだろう。
[PR]
by walk41 | 2014-06-30 21:52 | 学校教育のあれこれ | Comments(0)
<< もの(ぶつ)がない テクニックではなくてスキル >>



教育学の一分野、学校とその経営について考えます。
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
メモ帳
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
気づかなかった
at 2017-10-19 21:56
人文・社会系学問のミッション
at 2017-10-18 23:02
nation
at 2017-10-17 12:45
好みの幅広さ
at 2017-10-15 12:43
スクールソーシャルワーカー
at 2017-10-14 10:59
「奏を功する」
at 2017-10-12 20:20
付いた力は自分ではわからない
at 2017-10-11 23:31
まずは良かった
at 2017-10-09 19:14
Fiasko/fiasco
at 2017-10-08 10:40
青か緑か
at 2017-10-06 09:39
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧