学校・教職員の現在と近未来-榊原禎宏のブログ

学校のハレとケ

集中講義をしながら思わされる。学校の活動を、その9割近くを占める授業という「ケ」(地味な日常)と1割少しほどの行事という「ハレ」(派手な非日常)に分けてみると、後者については、PDCAサイクルや目標管理といった発想に馴染む余地があるのではないか、と。

たとえば、運動会や修学旅行、行われる日は決まっているし、行われるべき内容もそれなりに客観的だ。いつ頃から準備を始めればいいかも見当はつけられるし、終わりもほぼわかる。「ケ」の時間に戻らなければならないから。また、一人だけで行事はできず、それぞれが全体の一部を分業、そして協業しなければ成立しない。つまり、捉えるべき事実の範囲がある程度まで明確だから、議論も行いやすい、という特徴を帯びる。

これに対して、「ケ」の代表格である授業は…と続くのだが、この「ハレ」に注目した学校の組織論や運営論は、完成品をほぼ前提にしている多くの業態に似せて議論できるように思う。もちろん、これが当てはめられないだろう圧倒的な時間や場が学校にはあることを一方に見据えながらではあるけれど。
[PR]
by walk41 | 2014-08-16 12:44 | 学校教育のあれこれ | Comments(0)
<< もやもや Robin Williams氏を悼む >>



教育学の一分野、学校とその経営について考えます。
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
メモ帳
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
「指導死」の背景
at 2017-10-22 21:46
気づかなかった
at 2017-10-19 21:56
人文・社会系学問のミッション
at 2017-10-18 23:02
nation
at 2017-10-17 12:45
好みの幅広さ
at 2017-10-15 12:43
スクールソーシャルワーカー
at 2017-10-14 10:59
「奏を功する」
at 2017-10-12 20:20
付いた力は自分ではわからない
at 2017-10-11 23:31
まずは良かった
at 2017-10-09 19:14
Fiasko/fiasco
at 2017-10-08 10:40
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧