学校・教職員の現在と近未来-榊原禎宏のブログ

手作りとマニュアル

民放、がっちりマンディ、今回はご飯処、大戸屋を取り上げる。

新鮮さの溢れる食事が提供できるのは、それぞれの店でキャベツ、ナスを切り、さらに豆腐もそこで作っているからこそ、と紹介された。どこかのセンターで一斉に加工して各店に送れば、手間暇を省けるが、それでは店の「売り」がなくなる、という考えからだとか。そして、この仕組みを支えるのが、盛りつけの仕方まで明示された事細かなマニュアルだ。料理には素人の番組ADさんが臨んだが、それなりの格好に料理が仕上がった。すごい。

登壇した同社長が話す。「手作りだからこそ、マニュアルが大切」と。なるほど、手作り→それぞれのやり方でなされがち→これに対応するために、精緻なマニュアルが必要、という論理なのだ。恥ずかしながら、二つ目の矢印のことは、考えてこなかったなあ。

①同じようなものを提供する→集中管理、②手作りのものを提供する→最前線でバラバラ、という認識に、自分が留まっていたことを知らされた。この先を考えれば、①では、だから最前線ではマニュアルは(あまり)要らない、とも展開できるし、②では、だから、最前線に即したマニュアルが必要、とも話を続けられる。

かくして、自分の怠慢さに気づかされた番組だった。反省しきりである。さて、この考え方は学校経営にいかに活かすことができるだろうか。「児童生徒はさまざまだから、手作りのそれぞれに留まざるをえない」という考え方の先を辿ることはできるだろうか。
[PR]
by walk41 | 2014-08-31 16:39 | 学校教育のあれこれ | Comments(0)
<< 論理は接続詞で整えよう 教育の目標と目的 >>



教育学の一分野、学校とその経営について考えます。
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
メモ帳
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
名前
at 2017-12-14 10:49
児童がほかの教職員と出会う
at 2017-12-13 06:32
マンションポエム
at 2017-12-11 14:44
鉛筆で遊ぶ
at 2017-12-10 07:39
除籍の不細工さ
at 2017-12-07 18:34
変化にかかる時間の意義
at 2017-12-07 10:09
question, prob..
at 2017-12-06 14:30
「お疲れさまです」
at 2017-12-05 14:30
非標本誤差
at 2017-12-02 20:58
大学の授業の作法
at 2017-12-01 18:45
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧