学校・教職員の現在と近未来-榊原禎宏のブログ

どれくらい「きっちり」?

7月に訪れたドイツの中等学校の様子を少しずつ整理している。それなりに注目して、なるべく多くのことを書き留め、写真も撮らせてもらい、インタビューもさせてもらったけれど、しっかりと書き起こすことは容易ではない。あんまり見ていなかったのかなあと、反省させられることも少なからずである。

さて、そんな作業の中で気づかされることがある。それは、事例校における大らかさとも言えるし、厳しく言えば、アバウトさとも言える部分である。たとえば、月曜日の一時間目は、文書上はWochenstart(週のスタート)とあるのに、ある教室ではWochenbeginnと書いてある。同じ意味と言えばそうなので、大したことではないのだけれど、一応、制度上の言葉なのだから統一してもいいのではとも思う。ちなみに、別のクラスでは「ドイツ語」と記されており、これは間違っているのではと思うけれど、そのクラスにとっては気になることではないようだ。

あるいは、授業と授業の間は休み時間になるが、それが時間割上は示されていない。時間が飛んでいるのだ。ある授業の終わりと次の授業の始まりの間が、休み時間ということになる、という暗黙の了解があるのだろう。日本ならばおそらく、何の時間かわからないような状態で置かれることはなく、登校から下校まで全ての時間がきっちりと明記されてるのが普通では。

表記の仕方や時間の管理が、その場が「きっちり」しているかどうかの物差しと見なせば、生徒の名札が黒板に上下逆さまに貼り付けてあったり、係り活動が替わったあと、新たに札を作らないで前の札に書き足す(前の生徒の名前は斜線で消される)といった扱いは、「きっちり」していない。ところが、ところ変われば、そういう「きっちり」さもありうるし、それでもいいのではないかと思えてくるのが、外国のことを知る一つの意味だろう。

どれほど「きっちり」しているべきかは必ずしも決まっていない分だけ、どうするかを決めるのは、教育委員会の指導や保護者の要求もあるけれど、まずは個々の教員や教員グループの価値観と論理である。「うまく説明できないけれど、そうしないと何か落ち着かない」というあれこれ、それらが時に恣意的に、そして素朴に設定されているからこそ、疑い、疑問を呈することは困難だ。何しろ、「良かれ」と思ってやっているのだから、なぜ疑う必要があるだろうか。

なかなか気づかないけれど、それが自分たちの業務量や焦燥感に関わっているならば、そこから解放されること、それも多忙化問題への一つの対応だろう。とても難しいことだけれど。
[PR]
by walk41 | 2014-09-06 16:52 | 学校教育のあれこれ | Comments(0)
<< Does money make... 気づいてもらえる嬉しさ >>



教育学の一分野、学校とその経営について考えます。
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
メモ帳
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
人一倍
at 2017-08-18 12:45
Platoon
at 2017-08-16 23:25
〜しか〜ない
at 2017-08-15 19:34
7月4日に生まれて
at 2017-08-14 22:54
耐えられる能力
at 2017-08-13 16:29
negative capab..
at 2017-08-13 12:45
悲しいとき〜
at 2017-08-12 13:43
校内研究再々論
at 2017-08-11 23:49
「学級担任による指導の違い」..
at 2017-08-10 21:16
いじめはこうして起こる
at 2017-08-09 16:26
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧