学校・教職員の現在と近未来-榊原禎宏のブログ

分業できないからこそ

中学校の教員と話す。早く帰ってくださいと学校管理職が口酸っぱく言っているのに、なぜそれが教員にとっては難しいのだろうか、というのがきっかけだ。

民間会社にも勤めたことがある彼は、このテーマの開口一番、「教職って、分業ができない仕事ですからね」と私にとっては端的に、そして我が意を得たりという発言をした。まさしくそうだと思う。

分業が難しいから、ある固まりの仕事を誰かが担うことになる。業務を細かく分けて、構成員になるべく均等になるように配分することが、なかなかできないからだ。仕事の固まりが大きいと、担った人の負荷は大きくなり、担わない人との差が顕著となる。また、分業できないとは担当者の裁量が大きくなることも意味するから、人によっては他の人から見て「そこまでしなくても」ということも生じる。自分なりの納得や得心がより大きな位置を占めるようになるのだ。かくして、学校では、「優しく」「丁寧な」あるいは「要領の悪い」教員の場合、いっそう業務量が拡大し、多忙や長時間労働が慢性化する、と説明できるのではないだろうか。

くだんの教員はこうも話した。「高度にプライバシーが含まれる内容なので、なかなかアウトソーシングができないです」。これももっともだ。児童・生徒の人格に関わる仕事、つまり、家庭の事情、本人の性格や行動あれこれを知ってこそ、関われる仕事でもあるから、「この部分は頼むわ」と、なかなかならないのだろう。

適正な労働時間の実現は、学校教員についても久しく言われている喫緊の課題である。だからこそ、教育という労働はどのように行われているのか、これにふさわしい業務のあり方、さらにはその評価のあり方はどのようか、について丁寧に観察、考察する必要があると思わされる。
[PR]
by walk41 | 2014-11-10 10:33 | 学校教育のあれこれ | Comments(0)
<< 「江戸しぐさ」 実技だったら、なおさら学習発表... >>



教育学の一分野、学校とその経営について考えます。
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
メモ帳
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
人一倍
at 2017-08-18 12:45
Platoon
at 2017-08-16 23:25
〜しか〜ない
at 2017-08-15 19:34
7月4日に生まれて
at 2017-08-14 22:54
耐えられる能力
at 2017-08-13 16:29
negative capab..
at 2017-08-13 12:45
悲しいとき〜
at 2017-08-12 13:43
校内研究再々論
at 2017-08-11 23:49
「学級担任による指導の違い」..
at 2017-08-10 21:16
いじめはこうして起こる
at 2017-08-09 16:26
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧