学校・教職員の現在と近未来-榊原禎宏のブログ

「子どものために」とは言い切れない

中学校の校長と話す。この地域は、子どもを家業の後継にと考える保護者が少なくなく、学校から見て優秀だなあと思う生徒なのに、いわゆる進学校に進まず、地元の高校を選ぶケースが多いという。進学校に進んでも、大学にやると故郷に帰ってこないから、あるいは大学にやる経済的な余裕はないから、という保護者の考えが背景にあると聴く。

保護者の教育権から言えば、生徒のこうした進路選択も真っ当なのだけれど、子どもからすれば、十分な雇用機会もない、何よりも若者が好む楽しみも少ないこの地で暮らすということが、はたして幸せなのだろうか、と考えさせられる。

街中にいると、こうした話は昔のことと考えがちだけれど、駅からクルマで30分も山に向かったところにある、この中学校の現実でもある。

「子どものために」と声高に話す教員はきっと多いけれど、どうすることが「子どものため」なのか。私に答えは出せないけれど、悩む努力は続けたいと思う。

[PR]
by walk41 | 2015-01-29 09:47 | 学校教育のあれこれ | Comments(0)
<< 校長の朝礼 他者を評する無神経 >>



教育学の一分野、学校とその経営について考えます。
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
メモ帳
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
「させていただく」
at 2018-01-22 15:29
正直
at 2018-01-22 10:37
アニミズムと神社
at 2018-01-21 17:20
見て見ぬふりをしている自分
at 2018-01-20 23:26
「失礼な学生」
at 2018-01-20 00:30
標準学力テスト
at 2018-01-18 11:25
ドイツ常設文部大臣会議(KM..
at 2018-01-17 17:07
お手軽な電子メール
at 2018-01-16 09:58
学校教員の業務負担論
at 2018-01-16 08:48
長期休業の集中と分散
at 2018-01-14 12:42
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧