学校・教職員の現在と近未来-榊原禎宏のブログ

ロシアンルーレット

神奈川県で中学生が遺体で発見、不登校の生徒だったと聞く。

例によって、学校のこれまでの対応が問われ、説明に奔走させられる様をテレビで見て、さぞ大変なことだなあと気の毒に思う。

学校は生徒を確かに預かってはいるが、それはあくまでも学校にいる間のことであり、彼らがより影響を受け、あるいは及ぼす学校外のことまで関知さらには操作できるものではおよそない。学校が自分たちではどうしようもない事柄について、あたかも権限と責任があるかのようなスタンスで報道関係者に迫られるのは、まったく理不尽なことと言わなければならない。とくに思春期を迎え、生徒当人ですら困惑する疾風怒濤の時期に当たる中学生に関しては。

ある中学校教員が話してくれたことがある。「中学校で務めるというのは、ロシアンルーレットのようなもので、何か起こるのが当たり前で、起こらなければラッキーという場なのです。」

なのに、しっかり生徒指導をして、危機管理ができていれば問題は未然に防げるというムチャな前提が、正義として振りかざされ、これに応えられない最前線の教職員がいたずらに消耗するという構図、これまでにも経験したのではないだろうか。補給ルートの確保なしに、やれるだけやれと最前線の将兵を煽り、無駄死にさせたどこかの国の軍隊のことである。

[PR]
by walk41 | 2015-02-25 08:39 | 学校教育のあれこれ | Comments(0)
<< 島を育てる学力? 「気付いてよ 既読スルーも 返... >>



教育学の一分野、学校とその経営について考えます。
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
メモ帳
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
名前
at 2017-12-14 10:49
児童がほかの教職員と出会う
at 2017-12-13 06:32
マンションポエム
at 2017-12-11 14:44
鉛筆で遊ぶ
at 2017-12-10 07:39
除籍の不細工さ
at 2017-12-07 18:34
変化にかかる時間の意義
at 2017-12-07 10:09
question, prob..
at 2017-12-06 14:30
「お疲れさまです」
at 2017-12-05 14:30
非標本誤差
at 2017-12-02 20:58
大学の授業の作法
at 2017-12-01 18:45
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧