学校・教職員の現在と近未来-榊原禎宏のブログ

島を育てる学力?

南の島を少し旅した。島に一つだけという小中学校があった。平屋の校舎、広いグランドがある。聞くと全校児童生徒は50人ほど、複式のクラスもあるとのことで、いわゆる僻地教育のフィールドと言って良いだろう。

ちょうど下校時間とかちあったため、家に帰る子どもたちに道を尋ねて、集落を自転車で回った。親切にまっすぐ行って右に曲がってと教えてくれる。中心部とは言っても、数筋も過ぎれば集落がなくなるというほどの小ささだった。

この学校の卒業生で進学する生徒は、間違いなく島外に出ることになる。この島に高校はないからだ。掲示板には、生徒が記した今月の予定が張り出されていたが、その一つに「学力検差」と書かれているのを見ながら、彼らが学力をつけることは、この島にとってどんな意味があるのだろうかと考えさせられる。

東井義雄『村を育てる学力』(1957)は後々に至る論争的なテーマだが、これをもじれば「島を育てる学力」はどのようなものか、また学校はそれを担いうるのか、今も問われていると実感した。島の人は大方が作業着かポロシャツなのに、ネクタイ姿で姿を現した学校教員を見て、いっそうそう思わされたのだ。

[PR]
by walk41 | 2015-02-26 19:16 | 学校教育のあれこれ | Comments(0)
<< 地図記号 ロシアンルーレット >>



教育学の一分野、学校とその経営について考えます。
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
メモ帳
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
名前
at 2017-12-14 10:49
児童がほかの教職員と出会う
at 2017-12-13 06:32
マンションポエム
at 2017-12-11 14:44
鉛筆で遊ぶ
at 2017-12-10 07:39
除籍の不細工さ
at 2017-12-07 18:34
変化にかかる時間の意義
at 2017-12-07 10:09
question, prob..
at 2017-12-06 14:30
「お疲れさまです」
at 2017-12-05 14:30
非標本誤差
at 2017-12-02 20:58
大学の授業の作法
at 2017-12-01 18:45
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧