学校・教職員の現在と近未来-榊原禎宏のブログ

卒業式

中学校で卒業式が行われた。教職員、在校生、保護者、来賓の方々で、3年生の巣立ちを祝った次第だ。

もう40年近く前になるけれど、自分が中学生だった頃とあまり変わらない儀式。厳粛な雰囲気を重んじる文化は、なお健在と感じた。一つのけじめ、節目として、襟を正すというのはわかる反面、もう少し明るくて楽しげでもいいのでは、と思わなくもない。でもそうなると、緊張感が失われすぎてしまうのかな。

それでもなお、泣き顔と笑顔を見せてくれた卒業生に、彼らなりにこの式を楽しんでくれた様子は伺えたし、式次第にはなかったサプライズでの合唱に、感じるところ大だった。彼らの学校への思い出と想いを示してくれたことを、とても嬉しく受け止めた。

義務教育の時期を終えた彼らが、これから「答えのない」、少なくとも「答えのはっきりしない」学び方や生活経験をしていくだろう門出にあたって、元気で励んでほしいとエールを贈りたい。式辞でも述べたが、わからないことへの不安は良しとしよう、けれども、決してそのことで自分への不信にはならないように、と。

[PR]
by walk41 | 2015-03-13 13:19 | 学校教育のあれこれ | Comments(0)
<< 似ているけれど… 多忙 >>



教育学の一分野、学校とその経営について考えます。
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
メモ帳
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
「指導死」の背景
at 2017-10-22 21:46
気づかなかった
at 2017-10-19 21:56
人文・社会系学問のミッション
at 2017-10-18 23:02
nation
at 2017-10-17 12:45
好みの幅広さ
at 2017-10-15 12:43
スクールソーシャルワーカー
at 2017-10-14 10:59
「奏を功する」
at 2017-10-12 20:20
付いた力は自分ではわからない
at 2017-10-11 23:31
まずは良かった
at 2017-10-09 19:14
Fiasko/fiasco
at 2017-10-08 10:40
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧