学校・教職員の現在と近未来-榊原禎宏のブログ

新年度

3月の最終週、春もいよいよ全面展開という感じだ。

暦ではまだ3月なのに、ニュースから聞こえるのは「新年度のスタート」という言い方。あれ、暦よりも週が優位して語られるようになったのかしら。早め早めの世の動きに呼応しているのかもしれないね。

ときに、週というきまりごとは、ローマ時代やユダヤ教、キリスト教によるとも言われるが、7日ごとに区切る意味は、自然界の動きとなんら関係しない。日が昇り降りるをおよそ365回繰り返すと、同じ季節が再びやってくるとは言えるけれど、それがなぜ12の月や52の週に分けられるのか、必然的な理由はない、にもかかわらず、世界で多くの人々がこの区分に従って生活をしている。とても不思議なことである。

なぜかよくわからないけれど、そうなっている、という例は他にもたくさんあるだろう。そうでなくても構わないのに、それが当たり前に見えるということ、もっと探してみませんか。ちょうど昨日、Man darf nicht verlernen, die Welt mit den Augen eines Kindes zu sehen. 子どもの眼で世界を見ることを忘れてはならない、という一文を見て、改めて大事なことだなあと、独りごちたので。



[PR]
by walk41 | 2015-03-30 11:20 | 学校教育のあれこれ | Comments(0)
<< 論文ができました さくら >>



教育学の一分野、学校とその経営について考えます。
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
メモ帳
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
名前
at 2017-12-14 10:49
児童がほかの教職員と出会う
at 2017-12-13 06:32
マンションポエム
at 2017-12-11 14:44
鉛筆で遊ぶ
at 2017-12-10 07:39
除籍の不細工さ
at 2017-12-07 18:34
変化にかかる時間の意義
at 2017-12-07 10:09
question, prob..
at 2017-12-06 14:30
「お疲れさまです」
at 2017-12-05 14:30
非標本誤差
at 2017-12-02 20:58
大学の授業の作法
at 2017-12-01 18:45
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧