学校・教職員の現在と近未来-榊原禎宏のブログ

勘違いの連続

教員と生徒の思惑の違い、またその表現や表出の違いから、教室では妥当な解釈が必ずしも担保されない、つまり色々な解釈が生じうる。

先日の授業後の感想文に次のようなものがあった。

…人それぞれに価値観があり、教員は教育的文脈に影響される、という話で、私は中学のとき、授業内容をメモしていたのを、話を聞いていなかったと勘違いされて注意された。さらに、「この授業は板書だけでいいの」とよくわからない注意もされた。…

自分勝手な解釈を疑わず、その解釈に沿うよう生徒に強いるという、まったく暴力的なことが起こる。だから重ねて思う。大事なのは「どう実践するか」というよりも、実践という名の行為を支える論理や価値観を問い直す、「どう見ているのか、考えているのか」を振り返り、分析、再構築することだろうと。

「何となく」滑り込んでいる自分の発想と高度の癖、歪みを確かめることのできる能力をいかに持ちうるか。ゆとりのある時間と人間関係(お金もかな)があってこそ、そのためのマネジメント、段取り力じゃないかと私は思っているのだけれど。

だから、懸命、必死、「24時間教師」なんて避けるべきだし、一種の「手抜き」も大切かと思う。でも、教員って不自由なくらいに真面目な人が多いものね。なかなか伝わらないかな、自分の思い込みが、時としていかに生徒を傷つけるかということを。

[PR]
by walk41 | 2015-05-09 17:26 | 学校教育のあれこれ | Comments(0)
<< 取り締まり マイルールをどう抑制させるか >>



教育学の一分野、学校とその経営について考えます。
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
メモ帳
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
「指導死」の背景
at 2017-10-22 21:46
気づかなかった
at 2017-10-19 21:56
人文・社会系学問のミッション
at 2017-10-18 23:02
nation
at 2017-10-17 12:45
好みの幅広さ
at 2017-10-15 12:43
スクールソーシャルワーカー
at 2017-10-14 10:59
「奏を功する」
at 2017-10-12 20:20
付いた力は自分ではわからない
at 2017-10-11 23:31
まずは良かった
at 2017-10-09 19:14
Fiasko/fiasco
at 2017-10-08 10:40
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧