学校・教職員の現在と近未来-榊原禎宏のブログ

教員はわがまま

私はとことん、学校教育に批判的なのだと思う。それだけ、希望を捨ててもいないとも言えるかもしれないけれど。

学校があってこその職務なのに、教員のマイルールが跋扈しがちな背景を授業で話したところ、こんなエピソードが授業後の感想文に記されていた。

高校の時の保健体育の教員が、定期テストの際に、「問題用紙に漢字の間違いがあるから、訂正して」と言った一方、テスト時間が終わり近くになって、「漢字の間違いは減点になるからな」と生徒に言い放ったという。この学生の君は、以来、教員はわがままなものだと学んだとか。

世の学校教員の皆さん、なかなか指摘されない立場だからこそ気づきにくいともいえる、自分の職務特性を踏まえた働き方、学び方をしているだろうか。えっ、そんなヒマはないって? それがまさに問題だと私は思うのだけれど。
[PR]
by walk41 | 2015-05-27 22:01 | 学校教育のあれこれ | Comments(0)
<< 生徒にとって教員とは させていただく >>



教育学の一分野、学校とその経営について考えます。
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
メモ帳
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
「指導死」の背景
at 2017-10-22 21:46
気づかなかった
at 2017-10-19 21:56
人文・社会系学問のミッション
at 2017-10-18 23:02
nation
at 2017-10-17 12:45
好みの幅広さ
at 2017-10-15 12:43
スクールソーシャルワーカー
at 2017-10-14 10:59
「奏を功する」
at 2017-10-12 20:20
付いた力は自分ではわからない
at 2017-10-11 23:31
まずは良かった
at 2017-10-09 19:14
Fiasko/fiasco
at 2017-10-08 10:40
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧