学校・教職員の現在と近未来-榊原禎宏のブログ

生徒にとって教員とは

児童生徒理解とか、生徒をよく観察するとは言われるが、この反対、教員は生徒にどのように見られているか、ひいては教員の考える望ましい見られ方に近づくためにはどう見せたらいいか、という議論は管見の限りあまりないように思う。

なぜって、教員は大抵ひとりかせいぜい二人なのに対して、児童生徒は少なくとも数人、多ければ40人もいるのだから、生徒の見る目の方が多いことは明らかで、しかもその見られ方によって授業の進み方や教室の雰囲気が大きく左右されるからだ。ここに注目しないことはあり得ない。

にもかかわらず、教員は生徒にどのように見られているか、それを教員はいかに掴まえることができるか、さらには、「より良い」教員と生徒関係上、教員はどのように見られることが望ましいか、またそうなれるための方略とは、と言った方向で話が進んでいないのではないだろうか・

そんなことを講義で話したら、学生がこんなエピソードを紹介してくれた。

…中学校の頃、クラスの男の子が授業中に教室を出て帰ろうとした。その時に先生が止めようとしたが、「お前、何様なん。親でもないし俺に関係ないんやから、ほっといてくれ」と男の子は出て行ってしまった。先生はそのまま固まってしまっていたのを覚えている。あの時、先生は「生徒にとって教員とは何者なのか」と考えていたのかもしれない。…

重ね重ね、教職って不安定だなあって思わされる。こんなにも相手に委ねられざるを得ない仕事ってあるだろうか。しかも相手のニーズを読み切れない状況のもとで。
[PR]
by walk41 | 2015-05-30 15:13 | 学校教育のあれこれ | Comments(0)
<< 国家百年の計 教員はわがまま >>



教育学の一分野、学校とその経営について考えます。
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
メモ帳
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
nation
at 2017-10-17 12:45
好みの幅広さ
at 2017-10-15 12:43
スクールソーシャルワーカー
at 2017-10-14 10:59
「奏を功する」
at 2017-10-12 20:20
付いた力は自分ではわからない
at 2017-10-11 23:31
まずは良かった
at 2017-10-09 19:14
Fiasko/fiasco
at 2017-10-08 10:40
青か緑か
at 2017-10-06 09:39
丁寧な言葉遣い
at 2017-10-05 10:26
目標を実現することが即、教育..
at 2017-10-02 22:05
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧