学校・教職員の現在と近未来-榊原禎宏のブログ

ケース研究

校内研究ーそのほとんどは幼児、児童、生徒に関するものだがー、について、飲み会話で盛り上がる。

その中で、学級集団を捉えることは事実上できないし、かといってケース研究、事例を扱っても、学校教育の研究にはならないなあと、気づかされた。まさに「どっちもつかず」である。

繰り返そう。学校は幼児、児童、生徒と呼ばれる子どもを集合的に扱うところだ。「個に応じた指導」といった言葉が強調されるのも、それだけ個に応じていないからこそである。何年何組何番と常に帰属が求められ強化される。着用が求められる名札、決められた座席、クラス目標、班活動、◯◯隊形、どこに個人を基本にした場があるというのだろう。だから、そこで行われる授業は集合的なものであり、「より良い」授業も「全体的」に問われることになる。

けれど、授業の観察者は、あの子がこの子がと見たものをケースで言わざるを得ず、それがなぜかクラス全体を代表するものと無前提に見なされる。「あの子の様子がこの授業を象徴していた」ってね。そんなん、わからへんのに。

全体をとらえる方法も論理も乏しく(平均というロジックはかなり乱暴だ)、かといって個を捉えたからといって「だから?」と聞き返される(それに、あまり個人に注目すると、観察者効果を及ぼしてしまう。つまり「本当の姿」は見られなくなる)。

残されるのは、何十万人といった規模での統計的分析で教育の効果を測定するか、個人による記録か、辺りかなあ。


[PR]
by walk41 | 2015-06-06 08:59 | 研究のこと | Comments(0)
<< 主体という問題 態度主義 >>



教育学の一分野、学校とその経営について考えます。
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
メモ帳
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
「させていただく」
at 2017-11-23 16:09
「国立」に地域ニーズ?
at 2017-11-22 09:14
紅葉に心洗われます
at 2017-11-20 13:03
「~以外は不可」
at 2017-11-16 22:43
そんな構図ではない
at 2017-11-14 09:52
求めている次元が違う
at 2017-11-12 18:36
ゴアー
at 2017-11-11 19:45
パラ・シアター
at 2017-11-10 19:10
宣伝です
at 2017-11-09 20:30
卒業論文中間発表会
at 2017-11-08 07:57
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧