学校・教職員の現在と近未来-榊原禎宏のブログ

これは厳しい

学部生への授業、学生たちにこう尋ねた。

「知らない人が知っているかもしれない人に尋ねた結果、答えてもらったら、尋ねた人の言葉は、ありがとう、だけれど、知っている教員が児童や生徒に尋ねた結果、発するのは、それでいいです、とか、正解、とかだよね。これって、とても変なコミュニケーションって思わない?」

この授業のあとの感想の一つは、次のようだった。
…小学校の頃、特に理科の授業で先生が「本当は答えがわかっているが、生徒に議論させたいがために、わからないふりをして発問する」というのが大嫌いでした。先生の頭は「生徒に議論させたい。答えに辿り着く過程を生徒間で共有したい」ということだけだ。生徒に議論させている自分の授業に酔っているようにしか見えなかったからです。こちらは懸命に考えているのに、教室の後ろの方で、これをニヤニヤと眺め、結局は間違った答えを出している子の考えを強く否定することができないために、結論がうやむやで時間を無駄にした気しかしませんでした。もっと良いプロセスがあると思います。生徒は教員のエゴを消費するものではないと思うのですが…

教員のみなさん、いかがだろう。霞ヶ関から「役に立たない」と言われている人文系の立場からは、「答えがない」と思って授業に臨む気軽さがあるけれど、学校なかでも義務教育段階ではそうはいかない、のだろうか。
[PR]
by walk41 | 2015-06-27 15:58 | 学校教育のあれこれ | Comments(0)
<< 嬉しかったこと 悲しいとき~ >>



教育学の一分野、学校とその経営について考えます。
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
メモ帳
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
名前
at 2017-12-14 10:49
児童がほかの教職員と出会う
at 2017-12-13 06:32
マンションポエム
at 2017-12-11 14:44
鉛筆で遊ぶ
at 2017-12-10 07:39
除籍の不細工さ
at 2017-12-07 18:34
変化にかかる時間の意義
at 2017-12-07 10:09
question, prob..
at 2017-12-06 14:30
「お疲れさまです」
at 2017-12-05 14:30
非標本誤差
at 2017-12-02 20:58
大学の授業の作法
at 2017-12-01 18:45
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧