学校・教職員の現在と近未来-榊原禎宏のブログ

教育委員会がんばれ

学校教育に向けられる人々の眼差しは期待を込めている分、厳しくもある。しかし、それは無制限であるはずがない。

こんな話を聞いた。ある街では議会を通じて議員が教育委員会に対し、「がん予防教育」の推進を求めたというのだ。どうもその街では、がんの罹患率が高いのだそう。だから、教育の力でこれを抑制したいという考えなのだろうが、無茶振りもほどほどに願いたい。

そもそも、がんの罹患率が高いことが本人の意識とそれ基づいた行動にどれほど還元できるか、明らかではないのに、たとえば、放射能に被爆する仕事に就かざるを得なかったり、がん予防になるという食べ物を得られなかったり、あるいは、家族の喫煙から逃れられなかったりするのに、どう本人にできると言うのだろうか。遺伝的要素も排除できないだろうし。

また、がんは年齢を重ねるほどに発症するから、被教育経験との相関をいっそう伺えない。子どもの頃の「がん予防教育」を、その後の何十年にも及ぶ経験が打ち消すことは十分に考えられる。もちろん、がん予防の常識が変わる可能性も考えておかなければならない。

こんな素朴で乱暴な「教育オールマイティ」主義を示されたならば、たとえ住民の代表とはいえ、教育委員会はやんわりと諌めなければならない。そんなことに市民の貴重な税金を使うことはできません、と。

無理難題を持ち込むのは保護者だけではない。行政は、その分野の専門家として「民主主義」と対峙しなければならない場合もある、と心すべきである。

[PR]
by walk41 | 2015-08-20 11:06 | 学校教育のあれこれ | Comments(2)
Commented at 2015-08-20 22:03 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by K-hanabi at 2015-08-20 23:30 x
榊原先生、今日研修で一番前でお話を聴いた者です。小学校で研究主任をしています。先生のお話をとても小気味よく感じました。まずは自分をどう見せるか、今晩決めて、明日臨みます。いつも腰が引けてる感じでおそるおそる提案していました。?と思うことを明るく口にしたいと思います。自分を知り、周りの人、環境のこともきちんと認知する。当たり前のことをしていませんでした。ありがとうございました
<< 堂々と「わからないんやけど」と言おう プロフェッションとミッション >>



教育学の一分野、学校とその経営について考えます。
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
メモ帳
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
人一倍
at 2017-08-18 12:45
Platoon
at 2017-08-16 23:25
〜しか〜ない
at 2017-08-15 19:34
7月4日に生まれて
at 2017-08-14 22:54
耐えられる能力
at 2017-08-13 16:29
negative capab..
at 2017-08-13 12:45
悲しいとき〜
at 2017-08-12 13:43
校内研究再々論
at 2017-08-11 23:49
「学級担任による指導の違い」..
at 2017-08-10 21:16
いじめはこうして起こる
at 2017-08-09 16:26
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧