学校・教職員の現在と近未来-榊原禎宏のブログ

どう反省しているのか

馳文部科学相は13日の閣議後の記者会見で、教員時代に自身が高校生に対して体罰を行ったことを認め、「改めて、私に竹刀で殴られた高校生たちに謝罪をしたいと思う」と述べた。その上で「体罰はあってはならない」と強調した。馳氏は記者会見場の机をたたき、「教壇で教員がこうやってたたくだけで、(生徒は)萎縮をして、自ら先生に(思いを)伝えようというその気持ちすらなくなってしまう」とも語った(読売新聞、20151013)
------

さあ、どうする文部科学大臣。謝罪は結構なのだが、反省しなければまた繰り返される。その上で、どのように「あってはならない」と主張するのか、この理屈をうかがいたい。

私の見るところ、体罰という名の暴行は、自分が正義を行使していると思うことにもとづく。正義のためには手を上げることもやむなし、という理屈である(もっとも、この人は自分の手が痛くなく、かつ相手がより痛い、竹刀で殴ったという)。この理屈を支えるのは、生徒は未熟な存在で、自分が成熟した存在だという眼差しがある。教員という国家資格、よく分からないけれど「先生」扱いされているという周りの雰囲気から、自分をひとかどの者だと思ってしまうのだ。こんな何となくの前提から、彼らに乱暴に接してもよいという理屈が生まれ、暴行が行われる。

こうした繋がりに揺らぎを与えて、組み替える機会を持つことこそ、教育実践が変わるだろうに、この御仁が、「あってはならない」ともし強調するだけならば、実効は怪しい。

これまでの大臣が良かったなどと言うつもりはないけれど、この人は大丈夫かしら。竹刀を振り回して、体罰はあってはならんと言うたやろ、と、今度は教員たちに怒鳴るようなことがあれば、まさにホラーものである。
[PR]
by walk41 | 2015-10-13 15:43 | 学校教育のあれこれ | Comments(0)
<< 学校教育目標 背筋棒 >>



教育学の一分野、学校とその経営について考えます。
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
メモ帳
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
マンションポエム
at 2017-12-11 14:44
鉛筆で遊ぶ
at 2017-12-10 07:39
除籍の不細工さ
at 2017-12-07 18:34
変化にかかる時間の意義
at 2017-12-07 10:09
question, prob..
at 2017-12-06 14:30
「お疲れさまです」
at 2017-12-05 14:30
非標本誤差
at 2017-12-02 20:58
大学の授業の作法
at 2017-12-01 18:45
恐るべし学校評価
at 2017-11-27 23:06
進展する学校での情報教育(ド..
at 2017-11-27 12:01
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧