学校・教職員の現在と近未来-榊原禎宏のブログ

学校教育目標

研修中、スライドを指して指導主事が訂正を述べた。

「いつも強調しているのですが、自分が間違えてしまいました。学校教育目標と書いてありますが、それはありません。あるのは、学校の教育目標、あるいは、学校教育の目標です。」

それを聞いて思う。そんなんほとんど言葉遊びのレベルやん。たとえば、小学校という学校教育の目標か、具体的なある学校の教育目標か、という話の違いに過ぎひん。だから、指導主事も間違うんやで。

せやのに、ことさら「学校教育目標なんて言葉はありません」て強調するなんて、何を意固地になってんのかと思う。こんなことにこだわるヒマがあるんやなって、思ってしまうわ。

最近おもしろい話を聞いたよ。もう県の偉いさんだが、指導主事時代に研修にてこう話したそうだ。「みなさんの学校の教育目標を学校名を外して並べたら、どれが自分の学校のかわかりますか? わからないでしょう」って。ホンマや。学校中でも義務教育の学校、普通教育でどれだけ学校ごとの違いがあるって言うんやろ、違いをつけるなんて無理な話ちゃうのん。

こんな、どうでもええことに血道を上げて議論したり、うまくできひんからって「意識改革」と叫んだり、学校教育という世界に合わへん道具で何とかしようともがいてること、止めにせえへん?
[PR]
by walk41 | 2015-10-15 15:00 | 学校教育のあれこれ | Comments(1)
Commented by 須田 敏男 at 2015-10-20 06:13 x
突然失礼します。2010年 京都教育大学教育実践研究紀要 沈黙を嫌がる教師 注釈(3)で活用していただいた 「輝く瞳と素敵な笑顔を求めて」を制作しました須田敏男と申します。HPを活用いただき、ありがとうございました。3月に退職し、学校・家庭支援の事業を始めました。その関係でURLが変わりましたので、ご連絡申し上げます。教育現場を外から眺め、質の高い教員が育つためのお手伝いをしたいと思っています。現場の子どもの立場に立って今後もご指導いただけると幸いです。よろしくお願いいたします。 
<< 教員がワクワクしているか どう反省しているのか >>



教育学の一分野、学校とその経営について考えます。
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
メモ帳
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
気づかなかった
at 2017-10-19 21:56
人文・社会系学問のミッション
at 2017-10-18 23:02
nation
at 2017-10-17 12:45
好みの幅広さ
at 2017-10-15 12:43
スクールソーシャルワーカー
at 2017-10-14 10:59
「奏を功する」
at 2017-10-12 20:20
付いた力は自分ではわからない
at 2017-10-11 23:31
まずは良かった
at 2017-10-09 19:14
Fiasko/fiasco
at 2017-10-08 10:40
青か緑か
at 2017-10-06 09:39
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧