学校・教職員の現在と近未来-榊原禎宏のブログ

教師は怒る

南西ドイツの学校、6年生の自主学習(selbständiges Lernen)の時間。

私の見るところ、生徒たちは決してうるさくなかったし、むしろ5時間目ともうくたびれているだろうに、よく頑張っているなと思うほどだった。けれど、教室内では言葉を基本的に発しないという、学校のルールからすれば、多少は声が出ていたのかもしれない。それでも、ささやき声ぐらいである。

突然、中堅の女性教員が声を上げた。さっきから集中してやりなさいと言っているのに、何してるの! いい加減にしなさい、という言葉の類である。生徒たちは次に落ちるかもしれない雷にこわごわしながらも、いささか呆れ顏でおとなしくしている。観察者としては不適切だったのだろうけれど、生徒が気の毒にも思われたので、何人かの生徒とは目配せして、もうしょうがないね、メッセージを送りあう。この点、言葉発せずとも伝わるのは、きっと万国に共通だろう。

生徒が教員の思うようにならないのは、ここでも同じ。また、それに対する教員のリアクションも似たようなものだ。教師と生徒は永遠の敵対関係、と命題化した大昔の研究者の着眼の鋭さを重ねて確認できる。
[PR]
by walk41 | 2015-11-30 16:58 | 学校教育のあれこれ | Comments(0)
<< わかりやすい話 どうしてこうなったの >>



教育学の一分野、学校とその経営について考えます。
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
メモ帳
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
「指導死」の背景
at 2017-10-22 21:46
気づかなかった
at 2017-10-19 21:56
人文・社会系学問のミッション
at 2017-10-18 23:02
nation
at 2017-10-17 12:45
好みの幅広さ
at 2017-10-15 12:43
スクールソーシャルワーカー
at 2017-10-14 10:59
「奏を功する」
at 2017-10-12 20:20
付いた力は自分ではわからない
at 2017-10-11 23:31
まずは良かった
at 2017-10-09 19:14
Fiasko/fiasco
at 2017-10-08 10:40
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧