学校・教職員の現在と近未来-榊原禎宏のブログ

研究授業を頑張る

小学校教員から聞いた。研究授業という名の授業公開が行われる日、その教室に見に行ったら、「今日のめあて」に「研究授業を頑張ります」と書いてあったそうな。

児童が教員を励ましてくれるのは嬉しいし、それだけ教員とのラポールが築けているとは言えるけれど、その授業を見てああだこうだって話をするとは、いったい何をしているのかと思う。

かくも児童・生徒は、この時間が何か普段とは違うことを知っているし、おおよそはそこでの期待に応えようとする。こんな「出来レース」見ても、指導案に沿ったまあ無難な授業が行われることを確認するだけで、ちょうどParisに行って「やっぱりエッフェル塔が立ってるわ」と写真に収まるが如しだろう。何か新味、ひいては知的興奮を得ることはあるのだろうか。

こんな不思議な儀式を続ける学校、誰がこれを変えるのだろうか。それともこのままでいいと思っているのだろうか。
[PR]
by walk41 | 2016-02-05 10:28 | 学校教育のあれこれ | Comments(0)
<< 授業の環境 〜させる、のではなく >>



教育学の一分野、学校とその経営について考えます。
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
メモ帳
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
人一倍
at 2017-08-18 12:45
Platoon
at 2017-08-16 23:25
〜しか〜ない
at 2017-08-15 19:34
7月4日に生まれて
at 2017-08-14 22:54
耐えられる能力
at 2017-08-13 16:29
negative capab..
at 2017-08-13 12:45
悲しいとき〜
at 2017-08-12 13:43
校内研究再々論
at 2017-08-11 23:49
「学級担任による指導の違い」..
at 2017-08-10 21:16
いじめはこうして起こる
at 2017-08-09 16:26
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧