学校・教職員の現在と近未来-榊原禎宏のブログ

足して7文字

今や立派な成人となった人から、自身の中学生の頃の話を聞くのは、なかなか楽しい。

高校受験を控えて、国語の問題を解く際、次のようなアドバイスを塾で聞いたと言う。
清少納言と紫式部、源氏物語と枕草子、これらの正しい組み合わせを選ぶ問いについて、両方とも足して7文字にするようにと。つまり、清少納言と枕草子、紫式部と源氏物語が正しい、ということ。

「21世紀型学力」という観点からは、こうした 一問一答式の問題は望ましくないということになるのだろうが、この経験はせいぜい10年前のことである。それほど昔のことではない。学校教育の世界も徐々にしか変わらないとは言え、すでに21世紀を迎えていた時期においてこの様子であったということを興味深く思う。

また、これは言わずもがなだが、学校で発現する生徒の様子は塾での経験も大きく影響している。当たり前のことだけれど、学校の管理下でなされることが、生徒の学力ほかのことをどれほど説明できるのか、まったく心もとない。

学校を強く補完する塾の存在をどのように踏まえて、学校教育を評価すればいいだろうか。
[PR]
by walk41 | 2016-06-18 21:25 | 学校教育のあれこれ | Comments(1)
Commented by 鉄五郎 at 2016-06-19 23:26 x
大分県教育センター研修カリキュラム開発会議の手引書を見せていただいて、先生のブログへきました。 一問一答ではいろんな憶え方を聞くことがあります。そのことが虎の巻のようで知っ得感あるようです。教室での人間関係の見えにくさは本校でも感じるところです。想像もありますが、本校区でも塾で遅くまで一緒にいることが多く、その中の人間関係や日々の心身にも影響がありそうです。また、ラインや通信ゲームなども、様々なつながりの中で人間関係がつくられていますね。バトルのゲームではどんな会話があるのでしょうか?翌日であってどんな気持ちでしょうか?妙な力関係や人間関係の不安定さなど感じることがあります。
<< 教育職の技術 転校生といじめ >>



教育学の一分野、学校とその経営について考えます。
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
メモ帳
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
気づかなかった
at 2017-10-19 21:56
人文・社会系学問のミッション
at 2017-10-18 23:02
nation
at 2017-10-17 12:45
好みの幅広さ
at 2017-10-15 12:43
スクールソーシャルワーカー
at 2017-10-14 10:59
「奏を功する」
at 2017-10-12 20:20
付いた力は自分ではわからない
at 2017-10-11 23:31
まずは良かった
at 2017-10-09 19:14
Fiasko/fiasco
at 2017-10-08 10:40
青か緑か
at 2017-10-06 09:39
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧