学校・教職員の現在と近未来-榊原禎宏のブログ

情報共有と情報管理

「風通しの良い学校」とは、多くの情報が流れている学校のことである、と述べる一文を読んだ。確かに、教職員の間で情報があまり共有されていないことが望ましい、とは言えない。けれど、こうした物言いは、大切な一面を見逃してはいないだろうか。

情報がたくさん流れるということは、それだけ伝達の過程や受け手の違いなどにより情報が変形する、知るべきでないところに漏れる、適度な更新が必要になるといった、情報の管理に労力を要することも意味する。

例えば、ある生徒の様子について、授業などで直接に知っている教員の間で理解していることと、直接には知らない教員がわかることとの間には差があり得る。あるいは、情報が多くなるほどに、口頭だけでなく紙や電子機器等を介するが、それらが教職員以外、例えば児童生徒や保護者、あるいは学校に出入りする人たちの目に触れる危険性が増大する。

「問題のある生徒」に関する情報が、知るべきでない人に流れた場合、その事後対応に要する労力は相当のものだろう。そのため学校では「取り扱い注意」等の表示をしたりして情報管理に努めているが、これらを乱発するわけにはいかない。また、多すぎる情報が、勘違いや混乱を起こすことも懸念される。これらを天秤にかけながら、情報の発信と受信、共有と管理に臨むこと、と述べるべきだろう。

つまるところ、一面だけで言い切らないこと、そうした慎重さとそれを支える想像力がなお重要、と思わされる。
[PR]
by walk41 | 2016-06-21 08:36 | 学校教育のあれこれ | Comments(0)
<< 相関関係が即、因果関係ではない 教育職の技術 >>



教育学の一分野、学校とその経営について考えます。
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
メモ帳
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
名前
at 2017-12-14 10:49
児童がほかの教職員と出会う
at 2017-12-13 06:32
マンションポエム
at 2017-12-11 14:44
鉛筆で遊ぶ
at 2017-12-10 07:39
除籍の不細工さ
at 2017-12-07 18:34
変化にかかる時間の意義
at 2017-12-07 10:09
question, prob..
at 2017-12-06 14:30
「お疲れさまです」
at 2017-12-05 14:30
非標本誤差
at 2017-12-02 20:58
大学の授業の作法
at 2017-12-01 18:45
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧